keikauteki

経営者が変わり新しい天竜精機がスタートしています。
売上目標を決め3年で1.5倍の売り上げまで持っていく計画で進んでいます。
今年が準備元年で3年後の目標達成に向けた準備をする年です。
今まで専用機といえば、お客様から要求があったときにその納期に答え作っていたのです。
そのため計画的に受注するということはありませんでした。
3か月後に機械がほしいという案件がほとんどで
6か月の納期の案件などなくその場しのぎの経営が続いていました。
そういう仕事のやり方が普通と思っていました。
新しい社長から「年間の計画を決めその予定通りに受注活動をしろ」ということがよくわからなかった。
しかし各企業共、年度の計画がありその年の設備投資が最初に決まり、
その計画にもとづいて設備投資をしている。
実際に昨年一年間、よく解らずに進めていたがこの時期に仕事がほしいという話をするともらえることがあった。
お客様毎に設備投資の時期が違っているのだが計画的に進めていることが分かった。
そのため昨年は来た仕事を優先してしまったので
今までのお得意様の仕事を断らなくてはならない状況になってしまった。
行き当たりばったりの仕事のやり方がこういう結果を招いてしまった。
どの企業も計画があるはずなので、計画的に情報をもらい
その枠取りを行い依頼されても断らない状況を作らないといけないと感じている。
社内のキャパを増やし、計画的に受注できる環境を作っていきたい。
スポンサーサイト

リフレッシュ

皆さん年度末の忙しい時ではありますが、この一週間リフレッシュ休暇を頂いております。
わたしの不在中も仕事のフォローをしてくれている仲間に感謝しつつ、
家族サービス中心に良い時間を過ごしています。

社内のトラブル、客先での対応を含めて多少耳の痛い情報も入っていますが
社内のメンバーを信じ、任せるしかありません。
来週に持ち越す案件も有りますがよろしくお願いします。

普段からリフレッシュしてるようだと言われていますが、
この一週間でしっかり充電して来週からの仕事に備えようと思います。

復興事業にいっている友人から

東日本大震災の復旧・復興事業では多くの方々が関わっている。
私の知人は電力関係の作業で福島に行っているが、そこではこちらとは違った労働環境で働いていることを知った。
今週始めに彼から話を聞いたのだが、まずは宿泊先がなかなか見つからないとのことだった。
今は4畳半でトイレや風呂は共同、食事は無しで一泊6000円くらいと高めなのだが独り部屋を確保できているだけマシなのだそうだ。
コンビニエンスストアも11Km離れたところにあり、レジにはいつも行列ができていて、食料を確保するのも大変で手に入るまで10分は並ぶと言っていた。
他にも居酒屋では各地方から様々な方が来られるため揉め事が多かったらしく、今では一見様お断りの居酒屋がほとんどになっているらしい。
しかし表現しづらいがなんとも言えない活気を感じて毎日仕事をしていると話してくれた。
震災の影響の無かったこちらとは大きく違った環境で働いている彼に頭が下がった。
その彼も3月末にはこちらに帰ってこられるみたいだが、復興事業はまだまだ続く。
改めて毎日ふつうに働けている環境にいることに感謝せねばばちが当たりそうだ。
彼が帰ってきたら酒を酌み交わしながら話を聞くことにする。

”早速の効果”

 今年の大寒は1月20日頃といわれていますが、
今朝はその時期に匹敵すると思われるくらいの寒さでした。
この寒さが、太陽の恵みを受けた駒ケ岳の山並みを
一層鮮やかにしてくれています。
自然の恵み、ありがたいですね。

組付のGさんの熱い念いからスタートしたモーターの勉強会
ですが、昨年末の開催で第3回目となりました。
講師のYさんに“恥を欠かせないようにしよう”とのメンバー
の強い思いもあり、リハーサルも3回ほど行い慎重を期すことと
なりました。そんな甲斐もあって、講師のYさんにも余裕が
感じられました。
20人を越える受講者はそれぞれにメモを取る熱心さで、
積極的な発言が多く飛び出しました。
今回は組付け現場で日頃発生している問題をベースとし、
質問を投げかけ、そしてそれに対して“ゲイン”や
“オーバーシュート”について解説をするスタイルでの
流れでした。
会の最後には、特別オブザーバーとして参加願ったベテランの
電気設計者Tさんが補足での講義をしてくれました。
この道のベテランとして過去の経験を引用して、Y講師より
一ランク上の講義をしてもらったことで、多少内容に物足りなさ
を感じていた組み付けのベテランの皆さんの目の色も輝きを
増すこととなりました。
Tさんは受講者のリクエストの応え、日頃聞くことの出来ない
深い領域まで入りこんでくれました。
この場面では一層議論が高まることとなり若手とベテランの
コラボ、互いに協力し合った結果がこの盛り上がりへと
繋がったものと思います。

この結果を受け一昨日は、推進メンバー全員で反省会を
行いました。
20140109_101410.jpg

参加者全員にアンケートをお願いし、感想を求めましたが、
今までの中で一番評価が高いものとなりました。
次回のテーマは“原点復帰について“となりました。
実務に密着できる内容、講義となるよう関係者で知恵だしを
行っていきます。

昨日、この勉強会に参加したTAさんより嬉しい話を
聴くことができました。
年明け早々に機械調整の為、お客様を訪問した折、
“ゲインとは?”との質問を受けました。
チャンス到来、早速年末の勉強の成果を出すべく、自信を
持って説明をしたところ、お客様はとっさの回答に驚かれる
と同時に深く感謝をされたとのことです。
TNさんは帰社するなり、主催者であるGさんにこの報告と
“ありがあとう!”を伝えました。
こんな素晴らしい循環が更に広がることを希望したいですね。

今日の日経新聞で、(読者が考えた)漢字4文字に託した
今年の抱負が載っていました。
目を引いたのは、“自問自投”でした。
意味的には、“何をしたらいいかを自分に問いかけ、自分に
投資したい”とのことです。
変化のスピードが一層増すこれからの社会において自分が
持ちえている引き出しの多さが一層重要視されるものと
思います。
自分の価値を高める為の勉強会への参加、必要と考える会の
企画・設立の真剣に考えていく必要がありますね。

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード