スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部・課長面接

部・課長面接

3月22,23,24,29日の4日間で、
2012年度採用の為の、部・課長面接が実施されました。

1回目の会社訪問の後で、
リクルーターが1次選考を実施した後の、
私達、部・課長との面接の実施でした。

私の担当日は、24日でした。
人数が多く、2つのグループに分かれての
面接となりました。

面接の実施前には、
部課長7名が、
『チームのメンバーとして、一緒に働きたいと思う人』
理想のレベル合わせを十分行い、
7名全員が、同じ評価基準で相手を見る事が出来るように
話し合いを何度も行いました。

私が話しをさせて頂いた4名の方は、
皆さんそれぞれ自分の考えをしっかり持っており、
話しも、しっかり出来る方でした。

自宅に帰った後、
ビジョンブックの感想を送って頂いた方もいます。


勉強が出来るとか、秀才・天才・オタク、自分本位 ・・・・・・・・・。
では無く、コミュニケーションがしっかり取れる事が、
私達が一緒に働きたいメンバーです。


これから、役員面接に進み、
社長面接で思う存分、語って頂き、
内定をゲット出来れば、
私達と一緒に
ミッション・ビジョンを一緒に目指して行く
仲間となって頂けるわけです。

天竜精機の目指す姿は、
社員が活き活きと働き
ハードルをいくつも越える事により、
達成感を感じる事が出来る
又、困ってる人がいれば、
仲間が助けてくれる。
そんな会社を目指しています。


天竜精機ほど、
社員の成長を考えてくれる会社は、
無いと思います。
私達も、楽しみに待っておりますので、
これからも、
お互いに成長出来るように努力して行きましょう!

スポンサーサイト

想定外

阪神大震災の教訓をもってしても
今回の東北関東大震災は、全てが想定外
であったことが、時を経つにつれて徐々に
明らかにされ始めている。

先週末、豊科インター付近でこんな車が・・・

山梨ナンバーのハイエースの3列目シートから後いっぱいに
トイレットペーパーからカップ麺を後が見えないくらい
無造作に積み込んでインターを入って行った。

被災地の事を考えると非常に腹立たしく感じてしまいました。

いろんな想定外は私たちの近隣にも起き始めています。

急激な仕事の飛び込み注文。
手配された購入品が間に合わない。
等々が起こってます。

後、2~3日で新車が届く予定だったが、
ディーラーオプション部品1点が入荷しないばっかりに、
入庫の予定がまったく立たない・・・と
行きつけのでディラーでも困っていました。

私たちも、被災地で寒さに耐えがんばり続けている方たちの為にも
今、出来ることを頑張ってやり続け、この窮地を
みんなのチームワークで乗り切らなくてはいけませんね。

たとえ、それが想定外であったとしても・・・

QCサークルブロック大会

3月23日と24日に、QCサークルブロック大会が開催されました。
23日はZEROサークルが、24日は竹林の道サークルが
優勝しました。おめでとうございます。

ZEROサークルのよかった点
1.テーマ選定で上位方針の意向を受けて、
コストダウンに取り組んだ。
2.TET-16Sが90%も専用機に採用されている点に着眼し、
改善に取り組んだ。
3.活動計画に、QCストーリーの段階毎の担当者名があり、
全員が夫々の責任をもって、活動していた。
4.今回のテーマによって、サークルが大きく成長した。

竹林の道サークルのよかった点
1.外注加工品の受け入れ無検査化を進める為に、
工程能力指数Cp値を活用して解決に向け、
QC7つ道具を駆使して、問題解決に取り組んでいた。
2.解析では、カタヨリCpk値から原因を突き止めていた。
3.過去のデータを調べ、事実を正確に把握していた。
4.発表者が、十二分に練習して本大会に出場した為、
8分15秒というタイムで、制限時間内にしっかり収まっていた。

以上、良かった点を参考にしていただき、チームワークを発揮して
次回の大会の優勝を目指してもらいたいと思います。


・・・・・by QCC

命懸けで頑張る作業員・自衛隊員の方々に、心から敬意

高濃度の放射性物質(放射能)漏れの恐れがある、
東京電力福島第1原発に残って、
復旧作業を続ける180人の作業員。
原発に残って極めて危険な作業を続ける50人が、
16日に一度は退避指示が出たものの、すぐに戻ってきた。
その後、作業員が180人に増えたのだそうだ。

50人の作業員は全身を覆う防護服を着けているとはいえ、
現場の高濃度の放射線量を考えると心もとないものだろう。
命の危険を冒しながらも、さらなる被害拡大を避けるために、
他人の安全のために、危険な環境にとどまり続ける彼らの、
その中には志願者もいる様子です。

『他人の生命安全のためにわが身を危険にさらす
180人の作業員の献身的な精神と勇敢な行動』は、
『偉大な人間性の現れ』なのだと思わずにはいられません。

命懸けで頑張る作業員そして自衛隊・警察・消防の方々に、
心から敬意を表します。

作業員・自衛隊・警察・消防の方々の無事と、
一日も早く現状を打開出来るよう、心より願っております。

・・・・・by QCC

心に残るつぶやき

3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生しました。
今も消息不明の方々も沢山います。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
又、被災された皆さま、そのご家族の方々に
心よりお見舞い申し上げます。

昨日、我が家の娘が、小学校からプリントをもらってきました。

「地震発生後、twitterで投稿された
心に残るつぶやき」というプリントでした。

日本中がパニックになっている状況の中で
心あたたまる状況に直面し、
投稿した内容が、まとめてありました。

■日本って世界一温かい国。
4時間の道のりを歩いている時に、
トイレのご利用どうぞ!
と書いたスケッチブックを持って、
自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。
日本ってやっぱり世界一温かい国だよね。
あれ見た時は感動して泣けてきた。

■渋滞した交差点での出来事
一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど
誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。
複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど
10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。
恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。

■献血の列
日本は強い国です!
大阪難波の献血施設は被災地の方の為に
超満員の順番待ちでした。
私欲の無い列を初めてみました。
感動しました。
被災地の方々、全国でその辛さを受け止めます。
諦めずにがんばってください。

■困った時は!
昨日青葉台駅で帰宅困難者が溢れる中、
車に乗っている人が
「○○方面の方どうぞ!」
って言って車に乗せていた。
「困った時はみんな一緒ですから!」
って言ってた。
超感動したの思い出した。

■お菓子いっぱい
すごい!弟がたった今ディズニーランドから帰宅したんだけど。
新品のお菓子袋いっぱいもらってきて、
客全員分の交通費負担してくれたんだって。
一晩中、何か言えば全て対応してくれたんだって。
やっぱり世界のディズニーランドなんだね。

■乗り合い
浦和美園からタクシー使えると思ったのが甘かった。
30分歩いていたら知らない人が車に乗せてくれた。
人間の優しさに感動。
ありがとうございました。

■パン屋
昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、
とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが
無料でパン配給していた。
こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて
実践している人に感動した。
心温まった。東京もすてたもんじゃないな。

等、感動の実話があった。
災害時でも、暴動もなく
「自分にできる事をしていこう」
という人々が多い事を実感しました。

日本っていい国だなーと感じました。
自分にできる事をやって、
お互い協力していきたいと思いました。




大災害


昨日発生した、東北地方から関東地方にかけての大地震。
自然の猛威に、なすすべもありません。
押し寄せる大津波が、すべてを奪い去って行きました。

大災害で亡くなられた方々には、ただただ哀悼の念を・・・。
そして、今夜も冷え込むこの寒さの中、僅かな食料と、
灯りも無い、暖房も無い避難所の中で、被災地の皆さんは、
どれだけ不安な気持ちで過ごさなければならないのだろうか・・・と。

今日は土曜日。
ここ長野県南部は、県の北部で早朝に発生した地震の影響も無く、
晴天で、穏やかな陽気でした。
休日出勤している社員も多かったのですが、
朝から係長以上の役職メンバーが集まって、緊急の「東北地方太平洋沖
大地震災害対策会議」とも言うべき会議が開かれました。

東北地方から関東地方にかけての被災地には、当社と取引のある
お客様が、たくさんいらっしゃいます。
報道で、その被害の大きさがだんだん明らかになるにしたがって、
これは大変なことになった・・・。 恐らく機械はメチャメチャに・・・。
地震発生直後から、営業担当者を中心に、お客様と連絡を取ろうと
しましたが、音信不通のところが・・・。

今日は、それぞれの情報を共有し合い、今後の対策を検討しました。
無事が確認できた所、大きな被害になった所、しかし、詳細な様子は
まだ掴めません。
電気、水道、交通など、ライフラインが復旧しなければ、我々も手の付け
ようが無いかもしれませんが、いつでも対応できる体制を・・・と。

そして、社内での災害対策についても。
地震が発生した時の対処、避難方法、日頃の準備、整理整頓
・・・などなど。



それにしても、自然に対して、人間はあまりにも非力です。
だから、自然を崇め奉る風習があるのかもしれません。

自然の猛威に、なすすべもありません。
押し寄せる大津波が、すべてを奪い去って行きました。

災害で亡くなられた皆さんのご冥福をお祈り致します。



..........................by 隣の住人

昔の仲間に会いました

QCサークル関東支部 長野県地区 幹事総会および
地区幹事研修会が 2月25日に開催され出席しました

参加者は合計 29名 その中で 私を含め3名が
トヨタ出身者でした それも従業員数7万人(当時)
の中で顔見知りだった人と 長野県の辰野で偶然出会う
なんてビックリしました

2人のうちの1人 N計器のMさんとは 約15年ぶり
でした 最初はどこか見た事のある人だなと思い
トヨタ出身ですよねと声を掛け 三好工場で一緒に
仕事をしたような気がするんですけどで一旦別れ

幹事総会が終わり 交流会でお酒を注ぎがてら雑談
Mさんより「お前にだまされてフィリピンに行かされたんだ」
この言葉で鮮明に 記憶がよみがえりました

私が 海外生産工場を支援する国内の企画部署に所属して
いた時に フィリピンの自動車部品工場の社長で出向して
もらうために 仕掛け 一緒に仕事をしたことを思い出
しました

交流会終了時 今度は「だましませんからよろしく
お願いします」と声を掛けたら 「やっぱりだましたのか」と
笑いながら分かれました

QCサークル活動を通じて 昔の仲間と再会できふたたび
話が出来る QCサークル活動の楽しみがまたひとつ
増えました


基調講演では 日産自動車QCサークル活動の話がありました

印象に残ったのが 
 「QC活動を休止した時に現場力が落ちた」
          ↓
 NewQCサークル活動により 70万円/人・年 の改善
 が当たり前のように出来るようになった

QCサークル活動の大切さを改めて実感した一日でした


会社訪問会スタートしました。

いよいよ新規学卒者対象の会社訪問会が始まりました。

3/8~10、3/15~16 5日間にかけて行なわれます。
今回の訪問会での部署説明も今まで同様各部署メンバーで行ないます。

学生の皆さんに伝わるように、わかりやすい言葉を使い説明し、働いているときの喜びを伝えています。

いつもの部署説明と違い、聞いている学生の皆さんの緊張感がビシビシ伝わり、こちらも緊張してしまいます。
この緊張感が少し快感に感じるときが時々あります(時々ですからね!)

総務部内でも「この言い回しで説明してみよう」とか「これなら伝わるかも」とみんなで考えました。

就職難ということもあって、今年は例年と比較して、かなり多くの学生の皆さんが訪問されます。

厳しい状況であっても、やっていくことはコツコツ前を向いてきちんと進めていく。

これは就職活動している学生の皆さんだけでなく、私達にも言えることです。
今回の会社訪問会に望んでいる学生の皆さんの姿を見てで改めて感じました。



P.S
ちなみに総務の部署説明の際には必ず「咲く顔と書いて何て読むと思いますか?」と質問します。

答えは・・・「えがお」 です!


先人に学ぶ

ホンダの創業者、本田宗一郎氏が説く、
「全員経営」と「世界一」の内容では、
『「世界一」になろうと思わない限り、絶対になれない。
そしてもう一つは、「挑戦」すること。』と語っています。
ホンダは、オートバイ世界一から四輪車へと移行し、
GMやフェラリーを相手に、そしてトヨタへと
挑戦し続けてきました。

経営学者のドラッカー氏は、
『「自分の強みを、より強くせよ」と言う事と共に、
「企業の目的は、それぞれの企業の外にある。」と言っています。
その企業の商品を使っている人より、使っていない人の方が多い。
だったら、そのあらゆる人を、自分の顧客にするために
どうしたらよいかを考えて実行する。
その範囲が広いほど、世界一になれる可能性が高まってくる。』
と述べています。

先人のお二人に共通した、経営哲学を学びました。
いまある、我が社の強みを生かすことが、
重要だと再認識しました。
今、精密機械の設計・加工・組立の力は、
かなり良いところにあると思います。
今後は、目的にあった機能を考え出す力、そして
ハーフコストに向かって、全員で知恵を出し合える風土、
こういった力を、ふんだんに生かし、
顧客が、求める製品造りに挑戦したいね。

・・・・・by QCC

これからの取り組み!

新聞紙上でも、アメリカの失業率が9%台⇒8%台になったとか、
アジアの新興国で、新車の販売台数が25%UPしたとか
各社が新機種のスマートフォンを発表したり、
中国の生産能力を倍増させるとか ・・・・・・。
最近、少しずつ、景気回復の様子が伺われる記事が増えて来ました。

しかし、
弊社を取り巻く環境はどうかと言うと、
なかなか厳しい状況です。
納期も、コストも私達のお客様が、その先のお客様から
厳しい条件を提示されており、
どのお客様も、
生き残りをかけての舵取りが続いております。


昨日御越し頂いたお客様からも、
『良くて高価な機械はもう要らない時代です』

機能を満足して、尚かつ、安価な機械を供給して下さい』

『昔からの老舗で、
    良い物を高価で作っていたメーカーは、
              暖簾を下ろしてしまいましたよ』

『中国のローカルメーカーで作った機械でも、
               少し手を加えれば、使えてしまいますよ』


柔軟に変化・進化出来ないメーカーは、去るしか無い時代なのかも知れません。


自分達は、2011年度、
コストについて、真剣に取り組んでいます。
今まで、触れていなかった部分ですので、
濡れ雑巾の状態です。
改善出来るアイディアは沢山有るはずです。

みんなで、知恵を絞って、
この難局を乗り越えて行きましょう。

チームワークの成せる技

先週、予定より1日遅れて搬入した機械
来週から、フル生産が予定されています。

しかし、問題が幾つか残っていて
今日3日から、みんなの連携プレーによって
解決しようと、動き始めました。

その連携プレーとは・・・
今日3日の3時から4時ごろまで搬入した機械を
エンドユーザー様が見学に来られるというので
機械は絶対に止められないということを優先し

その時間帯に到着すべく、設計のG田さん、組立のS島さんが
昼近辺に出かけました。
仕事の内容は、お客様が帰られたと同時に画像ソフトの調整を
まず行い、終了後問題の部位をバラして今夜中に持ち帰る。

明日4日、加工Gの方が早出をして追加工をする。
加工完了と同時に治具の組立調整と精度出しを
今度は、組立のT屋さんが行う。
多分完成は午後2~3時ごろでしょうか・・・

これで終わりません。
すぐさま此れを持って、T屋さんと私が客先に飛び
(多分到着は、早くて夜7時くらいになりますね)
その日のうちに復元、タイムリミットは午後11時まで

一旦ホテルに引き上げて、翌5日午前中に最終確認を
して・・・・・終了。

というのが今回のハードスケジュールです。

既に協力をして頂いたメンバー
これから協力して頂けるメンバーの方

無理を言ったスピード対応に大変感謝いたします。
お客様も今回のスピード対応計画にとても感謝して
おられました。

本当に すばらしい仲間達 ですね。

みんなでアイディアを出し合いました。

今年の技術部のスローガンは
コストハーフと標準化です。
先週、営業の担当者から提案があり
コストハーフの会議がありました。

今回のテーマは、エンボス収納部のコストハーフでした。
今、天竜精機で製作している機械のほとんどに
エンボステーピングマシンがついています。
コネクタの組立を行い、検査をして
エンボスに収納し、リールに巻き取ります。
最近は、稼働率を上げる為
テーピングマシンを2台使用しますが、
テーピングマシンが大きいのでインデックスを使い
供給PPUを2台使用しています。
この収納部分のスペースが大きく
コストが高いので安価な収納装置がほしい
という事でした。
最近の機械のタクトも速くなっているので
供給速度も0.5秒に対応できるタイプにする事にしました。

まず0.5秒で供給できる機構を自由に出し合いました。
いままでのPPUはレールから取り出し
供給して戻るタイプなので戻り時間をなくして
片道で供給する機構がいくつか出てきました。
その時に「レールから直接落としたら」
というアイディアがでてきました。
「直接落とすと姿勢が不安定になるよ」
「じゃあ、バキュームで吸いながら押し込めば」
「レールを開き、上から押し込んで
戻ってレールを閉める。
4工程もあるとタクトが間に合わないんじゃないの」
「ならカムを使ってレールを開きながら押し込めば」
と、次から次へとアイディアが出てきました。

最終的には4つの方法にまとめました。
この4つの方法を、マトリックスにして
コスト、タクト、メンテ性、テープの交換性
アタッチメントの設計のしやすさ等で
順位付けを行い上位2つの方法で
構想図を作って再度検討する事にしました。

一人で考えていると、
方法も限られてきてしまうのですが
自由な発想で話合うと、いろいろなアイディアが出てきて
そこから、更に発展したアイディアがでます。
今回の話合いで、ほんとに半分のコストで
収納装置ができそうなかんじでした。

これからも、いろいろなテーマで
アイディアを出し合い、簡単な構造で
高速、コンパクト、低コストな機械(ユニット)を
作っていきたいと思います。

部署説明  ありがとう!

25日は2組の来客があり、午前と午後にそれぞれ部署説明を
していただく事となりました。

説明をされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

午後は株主総会があり、8名の方への説明・・・。
毎年来られている常連さんもいらっしゃる為、各部署それなりに趣向を
こらしてくれました。

中でも営業の○沼さんはいつもながらの紹介は省き、コストハーフでの
成功体験を自信たっぷりに話してくれインパクト大でした。

7部署の説明を受け、会議室に戻られた株主の皆さんの表情は
満足げでした。

昨年まで勤務されていた上島さんも来社されました。
加工部品の少なさが目につき、説明は上の空?
IMG_0931.jpg
退任された後も社内の様子が気になってしょうがないとのことでした。
ありがたいことですね。



午前はビジネスに繋がる大手のお客様がお見えになりました。
今回お見えいただいた方々はそこの上層部でそうそうたる面々した。

半月ほど前にある方の紹介で訪問、面談をさせて頂き、来社要請をした
のですが、超多忙とのことで、早くても3月以降とのことでした。
しかし、幸いなことに弊社への関心が高く、結果として早、この25日の
来社が実現したのです。 ~感謝~

ここでの部署説明はお客様を意識して・・・

IMG_0923.jpg


総務では、○出さん
 最初の挨拶で、来社された3名の名前を言って頂くというサプライズ
 がありお客様も微笑んでおられました。

SGでは○保田さん
 是非、このTSPを扱ってくれませんか~とのお願いに、お客様も
 たじたじでした。

部署説明終了時の感想としては、過去に色々な企業訪問をしているが、
このような体験は初めてで、色々な意味で大変良い機会であった
とのことでした。

今後の取引についても前向きのコメントを頂戴できました。

戻られた3名の方々にお礼のメールを送ったところ昨日までに以下の
有難い返信をいただきました。

貴社のすばらしさを改めて見させていただきました。
お互いに日本国のものつくりを勝ち抜くために
一緒に戦いましょう。

御社の、社風、経営方針、社員の方々の仕事に対する真摯な態度等、
大変、感銘を受けました。

御社の従業員の方々の仕事に取り組む姿勢など、御社の経営姿勢に
直接触れることができ深い感銘を受けました。
御社の経験とノウハウで手助けいただきたいと思っております。

駒ヶ根に地で世界に勝ち、
お客様の要望にしっかり応えていきましょう!
プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。