スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古の言行

  正月休みに読むと良い本として日経の紙面上で推薦のあった本の中から「宋名臣言行録」を読んでみた。もともと中国史は好きな分野で、大学は東洋史学科に入ろうかと思ったこともあったくらいなので、面白く読めたね。宋と言えば太祖・趙匡胤が有名で、中国四千年の歴史の中でも最高の名君のひとりと呼ばれているけれど、みんなは知っているかな。彼の業績の特筆すべき点は、文官優位の政治を確立させるとともに議論を奨励して意見の相違によりみだりに部下を殺さなかったこと。また、帝位の禅譲を受けた後周の柴氏一族を末代まで庇護したことだね。この二つの施策は石刻遺訓と呼ばれる石に刻んだ太祖の遺言により宋の皇帝が代々受け継いで、特に前者の施策は宋代の政治を特色づけることになったわけだ。

 さて、そうして確立した宋代の官僚政治からは現代にも通ずるような社会の中で生きる術を学べる事例が沢山伝えられていて、今回の言行録はそうした事例集みたいなものだね。例えば、「清濁併せ呑む」という言葉があるよね。これと通ずるような言葉として「水清くして魚棲まず」というものもある。前者は主にリーダーとしての度量の大きさを示す際の比喩として使われるし、後者はあまりに清廉すぎる人は疎まれて孤立してしまうような例えで使われるものだね。宋の名臣だと称えられた人が言うには、「名臣であるにはまず水の清さがどういうものなのかを知っていなければならない。清濁はその上に成り立つものであり、それを己の中に確立せずに濁ばかり呑んでいては良い政治はできない。」とのことだ。そうだよね。人の上に立つ際には、理想だけでは片付けられないドロドロしたものを避けては通れないものだけれど、深く胸に刻んでおきたい言葉だね。

 更には、宋の宰相だった人が自分の子供が人形を作っているのを見てこう言ったそうだ。「人形を作る際は、鼻と耳は大きく、目と口は小さく作りなさい。鼻と耳は後から直す際に削って小さくすることが出来るように、目と口は大きくすることが出来るようにしなさい。」と。つまり、物事は最初から完璧を目指してはいけない。後で必ず修正が入ることを見越して余裕を持たせてスタートするのが良いということなんだね。現代的に更に意味づけするとすれば、完璧を目指してスタートまでにやたら時間を掛けることをせずに6~7割の詰めでも後日の修正も前提としつつ、まずは行動に移せということだろうか。

 私たちはよく「今の若い奴は~」なんていうわけだけれど、大昔の古文書にも「今の若い奴は~」なんて出てくるそうで、存外人間の本質は変わらないし、社会の有様も本質的にはそんなに現代と変わらなかったのかも知れない。だからこそ私たちが歴史を学ぶ意味合いもあるんだろうね。以上
スポンサーサイト

いよいよ真冬

先週末から今週の頭にかけて、本当に寒かったですね。
土日の天気が荒れることが分かっていたので駒ヶ根に残ったのですが、そのおかげでまたもいろんな初体験をしました。

洗濯物が凍りました。
ほんの20分間、一時的に外に出したのですが、取り込んだ時には凍っていました。
愛知県の自宅でもあることのようですが、これほどの短時間というのはないようです。
テレビでよく見かける、濡れたタオルを振り回すと瞬時に凍ってしまうという実験をやってみたら、凍ったんじゃないかなぁ・・・、やれば良かったと後悔しています。

部屋の窓のサッシが凍りました。
外側じゃないですよ。内側ですよ。
日曜日、エアコンをつけていたのですが、あまりにも寒かったので日中もカーテンを閉めていました。
ふと、外の様子を見ようとカーテンを開けたら、結露が凍って冷凍庫の壁のようになっていました。
朝方じゃないですよ。真夜中でもないですよ。真昼の13時でした。

そして今週月曜日、いよいよマイナス10℃を下回りました。
未知との遭遇です。

車のブレーキが凍りました。
実際のところはわかりませんが、多分、凍っていたのだと思います。
駐車場から出て、思った以上に道に雪があったので減速しようとブレーキを踏んだのですが、踏めない!
ゴゴゴ・・・という音がして、一瞬タイヤがロックしたような感覚と車体が滑るような感覚、次の瞬間には急にブレーキが踏めるようになり、事なきを得ました。

スタッドレスタイヤの威力を確認しました。
前後に車も人もいないこと、道幅が十分あることを確認して、思いっきりブレーキを踏んだらちゃんと止まりました。
スタッドレス、万歳!
感動しました。
勿論、過信する気はありませんが、少しだけ気が楽になりました。
前回雪が積もったときは、出勤時の運転だけで肩が凝っていましたから。

エアコンだけでは心もとないと感じ、早速、暖房器具を追加しました。
やっぱり、寒いのは苦手です。
春が待ち遠しいです・・・。

苦手意識

苦手意識ってありますか?
私にはタップリあります。
英語がわからない、人の顔を覚えられない、すぐ忘れてしまう等々。
いつの頃だかわかりませんが苦手なものができてきています。
英語が苦手になったのはテストでうまくいかなかったことが原因なのだろうか。
一回の失敗で自分はもうダメ!できない!って考えてしまうことありますよね。
「昨日までできなかったことを理由に、自分は一生それができない人間と決めつけてしまっていないか?」
「昨日までできないという事実が、今日もできない理由にはならない」「人は日々成長している」
今回読んだ本では、この言葉が心に入ってきました。
何か始めるのにあたって苦手意識を自分で作らず、前向きに一歩踏み出す。
自分を奮い立たせる言葉をいただきました。
2016012718490000.jpg

療養中

sonnyです

年末の交通事故に続き・・・
次はインフルエンザ
このところいろいろあるな~

熱は下がったが、二日は外出してはいけない
という事で、現在自宅療養中

インフルエンザと診断されたのは社会人になって
からは初めての経験だ
家族が感染してもうつった事がなかったものだから
「俺はエンフルエンザにはならない体質?」なんじゃないか
何て考えていたが・・・迷信でであった(汗)

病院の診察では、周囲に感染者がいたこと
症状からしてほぼ間違いないといわれたが
初回の検査では反応が出ず、翌日に再検査と
長い綿棒を鼻の奥に突っ込まれる経験を2度もした
○○フィルムのテレビCMはまだ実用化していないのか・・・

熱も下がって体も楽なったので1日中寝ているほうが
逆に苦痛・・・
そんな訳でいつも以上に新聞の目を通す時間もある

甘利経済再生相・・・TPPを進展させ
これからと言うときに
あ~残念

野々村竜太郎・・・身柄拘束
信用されない大人代表?・・・情けなし

中国、失独家庭集団提訴
社会保障が確率されていない中国
老後の面倒を子に見てもらうしかないが
一人っ子政策の中で子供を無くした家庭が訴訟
聞き入れられることはないだろう

2015年貿易赤字10兆減の2.8兆
原油安の結果輸入額が減っただけ
輸出に勢い戻らず・・・

東証1.7万円台回復・・・
米先物市場で原油価格の下げとまりが材料
特に期待値があるわけではないのか・・・

ジャカルタテロ・・・IS資金提供か・・・
憎しみを許すに変えない限り・・・
永遠と殺し合いは続くのだろう

20代男性カフェイン中毒で死亡
エナジードリンクとお酒のカクテル類
興奮し飲酒量が増加危険・・・

池田町町長酒気帯び運転・・・
公人の自覚無しだね!

それにしても・・・
紙面広告多すぎないか!
っと思っているのは俺だけだろうか?

まとめ方の本を読んで

2016年 1月 25日(月)

今回読んだ本は、
 トヨタで学んだ『紙1枚!』にまとめる技術

1月25日 本


最近、仕事の中で発表用の資料をまとめる機会が増えて、
自分なりにまとめるのですが、なかなか伝わるような資料に
まとまらないのが現実です。
依頼受けた人に見てもらっても、
もうひとつ、足りないと言われることが有ります。

こんな状態を何とかしようと思っていた時に
本屋に立ち寄って
この本が目に入りました。

自分の頭の中が整理できていない事が、
伝わる資料にならない事につながる事も書いてあり
確かに思い当たる事もあります。

出張の報告書、会議の議事録等に当たる部分まで
参考になる項目が書かれていましたので、
実践につながるように理解を深めて
活用できればと思います。

短くても、
内容が正確に伝わる資料作りを目指して行きたいと思います。

技術力

東京、大田区の中小、零細企業が作ったボブスレーのソリを
ジャマイカチームが採用し、2018年のオリンピックを目指すことになった。
このメンバーは、日本代表でオリンピックを目指そうと開発してきたが
採用テストの結果不採用になってしまったようだ。
それでも諦めきれなかった職人がジャマイカチームとタッグを組み
オリンピックを目指すことになった。
ボブスレーはソリを操縦するテクニックを競う競技なのだが
カーレースと同様にソリの開発の技術力重要になる。
各国でも一流のメーカーがこのソリを作っている。
イタリアチームはフェラーリ、アメリカ、ドイツはBMWが
イギリスはマクラーレンが作っている。
まるで最速を競うF1と同じだ。
いかに軽く、剛性を高め、空気抵抗を無くすか、
その技術力が勝敗を決める。
ジャマイカチームの代表は
「どんな改良でも快く瞬時に対応してくれる。
この技術力と私たちのスキルを合わせれば必ず勝利できる。」
ということだ。2年後が楽しみだ。

このプロジェクトは下町の企業が集まっている。
精度の高い部品を作っているようだ。
旋盤で0.1mmの切子を出し、
「こんな精密加工ができるんだ」とテレビで報道していた。
数ミクロンの精度で部品を作り、
それが世界を制するようだ。
天竜精機でも精度の高い部品をいくつも作っている。
数ミクロンの精度でないと機械が安定しない場合も多い。
機械の調整中にうまく動かないと、すぐ図面を作り
「今日中にこの部品を作ってほしい」
と加工のリーダーにお願いすると
どんなに難しい部品でも「わかった」と言ってくれて
その日の内に完成し、持ってきてくれる。
結果的には機械が調子良く動き、お客様との納期を守ることができる。
しかし、技術力はあっても世の中に人には認めてもらえないのが残念だ。
部品加工の技術力だけでは最高のソリはできないのだが
我々も50年以上続いている企業だ。
設計、加工、調整の力はある。
現在ある設計力、加工力、組立力、調整力を
もっと一般の人にアピールできる機会必要だ。
一般の人にもわかってもらえる機会を作り
自信と誇りをもって機械づくりを続けていきたいと感じた。

今年の目標 Part2

はじめまして 「じぃー」です。
はっちゃくさん同様、当ブロクには初の投稿となります。
どうぞよろしくお願いします。

過去にも当社の他ブログに記事を書いてきましたが
長続きせず挫折を繰り返してきました。
さて今回は・・・

先日の技術部の朝礼である人が発した言葉です。
部門目標を受けて何を自分がしていくのか。
「やりたいこと」、「やらなければならないこと」2つあると。
彼はまず「やらなければならない」ことを着実にこなしミスをなくす。
出来ることを増やしていってスキルを上げ
それが出来た状態で「やりたいこと」を・・・
すばらしいですね。

私は今まで「ねばならない」「決められたルール:約束」
継続することが出来ませんでした。守ることが出来ませんでした。
これはメッシさんも事ある毎に言っていますが当社の苦手な部分です。

今年私は「ねばならない」ことを着実に実行していきます。
決めたルールを実行する、守る・・・継続するということで
「続」という漢字を今年の一字に決めました。
(自分にとって嫌いなこと、いやだと思うこと、苦手なことも)

この2週間続けていることがあります。
まだ2週間ですがこれからも「決めたこと」続けていきます。




















年初に各人が、今年の目標を「漢字1文字」にして発表しています。
今年が3回目なので、ちょっとした恒例行事となっています。

今年の目標

はじめまして 「はっちゃく」です。
当ブロクには初の投稿となります。
どうぞよろしくお願いします。

さて 私の所属部署では、
年初に各人が、今年の目標を「漢字1文字」にして発表しています。
今年が3回目なので、ちょっとした恒例行事となっています。

決めるだけではなく、定期的に達成度合いも振り返っているのですが
一年経つと、「なんだったっけ?」というメンバーも数人いて・・・

イベント色が強いので、それでもいいかなぁとも思うんですが
せっかく決めたんだから、忘れないための工夫も
今年はやっていこうかと考えています。

2016年 私の1文字は
「学」(学ぶ)にしました。

今年から仕事の内容が大きく変化したので、
仕事の進め方、考え方を
諸先輩方からどんどん吸収したい。との思いを込めました。

資料作成 データ集積 会議への出席と
なれない作業の連続に戸惑っていますが
謙虚な気持ちで今年1年やってこうと思います。

思うこと

ブログなんて書くのは実は初めてで、いかにすべきなんて考えているうちに時間が過ぎ、
投稿が遅くなってしまいました・・・

11月からお世話になり、約2ヶ月が過ぎ、ようやく日常にはついて行けるようにはなってきましたが、
まだまだ分からないことが多く、勉強の毎日です。

愛知県に生まれ育ち、50を過ぎて奈良県へ引っ越し、60手前で駒ヶ根の地にと人生の後半になり、
いろいろな経験をさせてもらいました。

一部上場企業から10人の会社まで、いろんな会社の仕事を手伝ってきました。
物作りという点では、会社の規模に関係なく、やるべき事は同じなんだな、と言うのがここまでで思うことです。
ただ、大きな会社は仕事を進めるシステムが出来ていて、それを粛々とこなす、という感じで、きちんと
役割分担が出来ています。
その点、中小はそうした分業システムが出来ているわけではなく、多くの管理者がプレーイングマネージャー
をやっているのが現実です。どこも人手不足なんですね。
かといって、人を雇うことはいろんな意味で簡単ではないですよね。
その点大企業は沢山の社員がいて、役割分担が可能で、新しい人も集まってきます。
これではますます大企業と中小の格差が広がっていくばかりだと感じました。

ではどうするか・・・・
中小が大企業のマネをしても、良い答えは出てこないように思います。
自分が思うことは、
大きな会社にするのではなく、良い会社にする、と言うことが中小が狙うべき方向ではないかと言うことです。
大企業の良いところをうまく取り入れたその会社のオリジナルのシステムを作りあげる、と言うことが重要だと思います。

この会社は、先輩方の努力もあり、良い顧客がいます。また、いろいろな活動が根付いています。
まだまだ不十分なところがあるように思いますが、さらに発展させていけば、良い会社になっていくと思います。

反面、なかなか脱皮できない面もあります。
世の中は常に変わっています。
以前も言いましたが、生き残るのは最も強いものではなく、最も変化に適応できるものだと言われます。
過去の成功にこだわるのではなく、常に世の中の変化に追従出来るような体制を作りあげていく。
これが中小が目指すべき姿のように感じます。
ナンバーワンよりオンリーワン、そんな理想を持って行きたいなと思います。

ところで、駒ヶ根って良いところですよね。
果物はおいしいし、綺麗な景色も沢山あります。
予想以上、それが本音です
2ヶ月ですがそう感じています・・・

なんだか支離滅裂な文章ですいません・・・・
次回からはもう少し成長したいと思います。




ちょっと最終回を・・・

すみません、飛び入りです。
本来であれば、今日の土曜日は、 (アイ)さんが投稿するのでしょうけど、
割り込みで・・・・、失礼します。
隣の住人です。

思えば、2009年ですよ、スタート は・・・。
続きましたねぇ~。
・・・じゃなくて、これからも続きますよ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  未分類 (6)
  隣の住人 (295)
  ta (281)
  QCC (56)
  トム (21)
  空の住人 (96)
  Wチョッキン (288)
  プリン (286)
  suusan (54)
  ツッキー (150)
  メッシ (233)
  sonny (147)
  くに (26)
  TT (21)
  そのちゃん (15)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


という歴史というか、実績を踏まえて、また新しいメンバーが加わります。
お楽しみに・・・。

というわけで 『隣の住人』 のブログ投稿は、これで最後になります。
長らく、ご愛読頂きました皆様には、本当に感謝申し上げます。 'm(_。_)m
陰ながら、応援してくださった方がいらっしゃるのですよ。 ホント。
ありがとうございました。
それでは、まったねぇ~!!

益々、このブログが、会社の元気発信の源として機能することを祈ります!

新しくメンバーに加わった、 さん、それでは、どうぞ~っ!!


..........................by 隣の住人

車上荒らし

最近、社内の仲間が車上荒らしにあったんだって。世間ではよく聞く話だけれど、身近なところではあまりなかっただけに少し驚いたね。窓ガラスを割られて社内にあった貴重品類を盗られたようだけど、カードを使われたりして二次被害が出ないようにしないとね。

 僕が以前、南アフリカのヨハネスブルグで路上強盗に遭ったという話はこのブログ上でも書いたところだけれど、実は車上荒らしにもロンドンで一度遭っているんだよね。向こうの家は大抵ビルトインガレージが付いているんだけれど、古い家が多いので大抵ガレージが小さくて、自家用車は路上駐車かガレージロードで青空駐車なわけ。僕の住んでいた家も同じで、ある日曜日の朝、家族と出かけようとクルマに乗ったところどうも社内の雰囲気が何かおかしい。そこでよく確認したところ、助手席側のドアノブの隙間から金属棒か何か入れられて鍵を壊されていたんだ。ダッシュボード内が物色されていたけれど、貴重品は入れてなかったので実害は鍵とドアノブだったね。

 向こうのクルマはオーディオなど狙われ易いものは脱着式になっていて、クルマから離れる時はそうした金目の機器類は外してトランクにしまっておくんだ。トランクは国内のクルマみたいな社内から開けられる機構は敢えて付いておらず、後部座席もスルーになっていないので、トランク自体が比較的安全なスペースなんだよね。警察に行って被害届を出したけれど、事務的な対応で登録番号を教えてくれて「後は保険会社と手続きしてください。」とあっさりしたもんだったよ。犯罪が多くて、いちいち車上荒らしぐらいに対応してらんないということなんだよね。それを分かってやっている連中には腹が立ったなぁ。

 最近はスマートキーの電波の増幅装置を使って自宅駐車場のクルマから堂々と盗むケースもあるようで、プリウスは危ないとネットで騒がれているね。確かに費用対効果を考えるとマーケットの大きさに合わせて手口を開発した方が利益率は高まるよねぇ。売れ筋のクルマの方がかえって危ないということなんだろうね。そうした努力を真っ当なビジネスに向けたらと思うけれど、犯罪者には通じないのかね。被害に遭わないための第一歩は、社内の見えるところにバッグ類だとか貴重品を置かないこと。相手もプロなのでこいつは車内に何か金目のものを置いていそうなクルマだなと当りをつけて犯行に及んでいるので、そうしたスキをみせないことが大事だよね。

 とにかく犯罪に遭った後の何とも言えない気分はもう二度としたくないイヤ~なもの。最近のニュースでは、車上荒らしは減少傾向のようで都会での防犯カメラ設置がその原因とのことだけれど、その分田舎での車上荒らしが増えているとのこと。皆さんもそんな目に遭わないよう日頃から注意して欲しいね。以上

イチゴ

美味しいイチゴを食べました。
『紅ほっぺ』という品種でした。
入手までのいきさつもあり、今までに食べたことのないほど美味しく感じました。

先月、駒ヶ根では美味しいイチゴが食べられると聞いて、「駒ヶ根 イチゴ」で検索したところ、ある農園のサイトがヒットしました。
イチゴ狩りは行っていないという点に勝手に希少価値を感じ、また最寄りのスーパーでは見かけない品種だったので、そこのイチゴを食べたくなりました。
検索したのは先月の中旬だったのですが、会社の人に聞いたところ、まだシーズンには早い、クリスマス前は不当に高い、慌てなくても年が明けてからいくらでも食べられる、と言われ、心待ちにしていました。

サイトによると我が家から徒歩15分程度の所らしく、土曜日の午前中に散歩がてら行ってみたのですが、スマホのナビの精度が悪いのか、正確な位置を表示してくれず、たどり着けませんでした。
諦めきれず彷徨っていたら、目の前のお店から女性が出てきたので、尋ねてみました。
スマホでサイトを表示して尋ねたところ、ご近所の方でしたが農園はご存じないとのこと。
ちなみにその方、お店(喫茶店)の人ではなく、お友達を迎えに店外に出てきたお客さんだったのですが、親切なことにマスターに聞いてくれました。
マスターにも同様にサイトをお見せしたのですが、やはりご存じないとのこと。
お礼を申し上げて帰ろうとすると、「その農園ではないけど、私の親戚がいるイチゴ農園があるよ。」と、別の農園の場所を教えてくれました。
近かったので買い物の前に立ち寄ってみました。
そこでは4品種以上のイチゴを栽培しており、その中に『紅ほっぺ』もあったのですが、その日は直売所には並んでいませんでした。
並んでいたほかの品種も十分に美味しそうだったのですが、最寄りのスーパーでも見かける品種で値段も変わらなかったので、無理に買うこともないと思い、そのまま買い物に向かいました。

すると、入ったスーパー(あまり行かないところ)に、あるではないですか、『紅ほっぺ』が!
しかも、探し求めていたあのイチゴ農園のものが!!

長くなりましたが、要するに「去年から食べたかった、とある農園のイチゴが、たまたま入ったスーパーに並んでいたので買って食べたら美味しかった」というお話でした。

でも、本当に美味しかったです。特に先っぽ(ヘタの反対側)の甘さは、初体験でした。
駒ヶ根が、また好きになりました。

ほかにもお薦めのイチゴがありましたら、情報をお寄せください。
イチゴ以外でも構いません。特に、この時期にこの土地でしか食べられないもの、大歓迎です。
美味しいものの情報をお待ちしております。

成人の日

駒ヶ根の成人式は8月15日に行われますが、一般的には成人の日にお祝いをするのでしょうか。
ニュースでは荒れる成人式が毎年のように取り上げられています。
自分たちのころはどうだったのだろうか?
ニュースでは取り上げられはしませんでしたが、それなりに酔いつぶれたりしていた記憶があります。
一生に一度の成人式、どのように過ごすかは個人の考え次第で。
自分も成人式を迎えるの当たって、それまで育ててくださったり関わってきてくださった皆様に「感謝」と考えが及べば良かったのですが、
そのようなことは思いもせず、同級生と歌ったりして騒いでいました。
初めて親に感謝を感じたのは父親が病に臥した時でした。
それまでは絶対的な存在でいた父が病で臥すなど想像もしていませんでした。
目の当たりにしたとき、今まで苦労かけて育ててもらった恩を感じました。
その時がもしかしたら自分の成人式だったのかもしれません。

さて新成人のように新たな気持ちで、今年は「健」を大切な一文字とし
「朝は希望に起き、昼は謙虚に過ごし、夜は感謝に眠る」で過ごしていきます。
2016011316430001.jpg

相手の立場で考える?

sonnyです。

正月休みも明けて1週間
仕事のエンジンもかかってきたころかな?

さてひょんなことから・・・
相手の立場で考える事の大切さとと言うか・・・
を思い知らされた。

実は私、昨年末に交通事故あい、
正月休み中、痛い思いをして過ごしました。

12/29仕事納めの日・・・
職場の忘年会に参加し
思う存分忘年会を楽しんで帰宅の途中
交差点を歩いて渡っているときに
右折しようとする自動車に
巻き込まれてしまった。

酔っているとはいえ、信号無視をして
横断歩道を渡っていたわけではない
ちゃんと赤信号を待って、
青信号に変わったのを確認して
横断歩道を渡ったのに・・・

ぶつかった瞬間の記憶はない
「大丈夫ですか!」
運転手と思われる方の声に気かつくと
道路の真ん中に横たわっていた

体に激しい痛みはない・・・
「まずは移動しましょうと」
歩道まで移動
「大丈夫ですか!」
どうやら大丈夫では無さそうだ
膝にはげいい痛みがある

しばらくうずくまっていると
救急車の到着
交通事故に遇ったんだっと実感する
救急隊員に担架に載せられ
人生2度目の救急車搭乗となる
(前回も交通事故なのだが・・・汗)

今思うと黒いジャンバーをきて
信号機の明かりほどしかない交差点を
深夜近くに人が歩いていたら・・・

運転する立場だったら・・・
そりゃ見つけづらかっただろうな~っと

中々出来ないものだ・・・
相手の立場で考える事って・・・

行事

2016年 1月 11日(月)

先週末は、地元の行事の
『かさんぼこ』が行われ、9日(土)、10日(日)の2日間の
半日の時間を費やして準備を行いました。

かさんぼこ3

私の耕地の古くからの行事で、
私も参加してから20年以上は経ちます。

子供の人数が減って、
小学生は、とうとう2人になってしまいました。
あと数年すれば、
子供が居なくなり、
大人たちが、この行事を守って行く事になりそうです。

けっこう、大人たちも楽しんでいるんでしょうね。
私も、竹を切って形にする事は、
楽しんでやっています。

10日の17:30に点火しました。
風が強くて、せっかく作った花飾りに引火してしまいそうで
心配しましたが、
今年もうまく倒れてくれてました。
炎でお払いも出来ました。

点火3

各自1本ずつ持ち帰って
輪にして玄関脇に飾ります。

無病息災、五穀豊穣を願います。

伝統を同じように
続ける事は条件が変わって難しい事です。

会社の中でもそうですが、
決めたことを同じように続ける事は良い事も有りますし、
時間が経てば問題も出てきます。
そんな時は、みんなで話し合って、
最善の方向に変える事が良いのですが、
何をどう変えるかは、
現状を体験してからでも遅くは無いと思います。

『まずは、やってみる』からですかね。

新商品

シャープが胸ポケットに入る小型のプロジェクターを開発したという記事があった。
照準を自動調整する機能を備えており、
作業中に両手がふさがっていても映像を確認できる。
円柱などの曲面にも映像を表示できるため、
店頭の電子看板としての利用もできる。
大きさは縦が23mm、横が40mm、高さが8mmで
独自の制御システムによって多彩な色を表現できるという。
胸ポケットにプロジェクターを組み込んだ服を着た人が
現場で映像を確認しながら作業するなど、
ウエアラブル端末として利用できるようだ。


組立現場で機械の図面を映し出しながら組み立てることもできる。
図面を広げるスペースを削減できる。
お客様との打ち合わせも必要な資料を保存しておけば
すぐに映し出し説明することができる。
今後いろいろな場面で使うことができそうです。
最近は機器の小型化が進んできている。
当然その機器に使われる部品の小さくなってくる。
細かい部品の組み立ても増えてきそうだ。
小物部品のハンドリングや組み立て技術を開発し
今後の自動化に対応していかないといけないと感じた。

太陽光発電

出張などで、高速道路を通ると、いや、高速以外でも、周辺に太陽光
パネルが設置された場所がずいぶんと増えたなぁ・・・と感じます。
雑木林だったところが開拓され、いつのまにかパネルが立ち並んで
います。

私の住む耕地でも、昨年末に、山間部寄りにあるかなりの広さの土地を
利用した太陽光発電施設を建設したいと、地元建設業者の説明会が行
われ、採択されました。
起伏のある山間地なのですが、まぁ、個々のパネルにしてみれば大した
問題ではなさそうです。

岐阜県のある市では、利用の見込めない市有地を、通常の1割程度の
値段で、太陽光発電目的の企業に貸し出したそうです。
売却を検討したのですが、買い手がつかず、遊休地にしておくだけでも
除草などの維持費がかかるため、賃料の大幅値引きを決めたのだと。

なるほど、遊ばせておいても金が掛かる。それならば有効利用はないか?
市では、土地の年間維持費16万円が浮いて、賃料と施設の固定資産税
が入ってくるため、年間32万円の収入効果だと言います。

一方で、
近くにできる太陽光発電施設の説明会では、自然災害への懸念が話題
に上がりました。
平地の原野であれば心配はないのでしょう。
今までは、鬱蒼と木が生茂る森林だった場所を切り拓き、パネルの建造
物が立ち並ぶわけです。
大雨が降って川が溢れたなどということはなかったし、地盤の緩み、崖崩
れなどもありませんでした。
でも、それは何百年と続いたであろう森の根付きが守ってくれていたから
なのでは? と心配を投げ掛けます。
森林を伐採した後の雨水の流れはどうなってゆくのでしょうか?
業者の話では、地質調査も行い、その辺は織り込み済みだと言います。
さらに、まだその周辺は、大きな木が立ち並ぶ林が囲んでいます。
恐らく災害に結びつく心配はないでしょう。

遊休地の有効利用としての太陽光発電は、まだまだ広がってゆくので
しょうね。


..........................by 隣の住人

争いごと

今年は年明け早々、世界各地で穏やかならぬ出来事が頻発している。一番最新は北朝鮮の核実験のニュースだが、その前はイランとサウジが断交したというニュースが紙面を賑わせていた。「同じイスラム教国同士なのに・・・」と思うのは、我々が宗教心の薄い人間だからだろうか。以前このブログで、隣人となったレバノン人のオバちゃんと「輪廻転生は存在するか?」をテーマに論争したと書いたことがあるが、輪廻転生を真っ向から否定したあの時のオバちゃんの目は相手の異なる意見を認めるどころか、妥協点を探ると言ったものとは全然異なる狂信的な光さえ帯びたものだったね。

 少し前に部長・支援職のKさんがカラオケで歌ってくれた松田聖子の「瑠璃色の地球」の一節にこんなフレーズがある。
 
「争って傷つけあったり、人は弱いものね」

そう、人間は弱いものなんだろうね。考え方の違う集団や国に脅威を感じて、お互いに威勢を示そうとして対立がエスカレートしてしまい、ついには流血事態や軍事衝突に至ってしまうなんてことがままある。1969年にワールドカップ予選の国際試合を契機にエルサルバトルとホンジュラス間で勃発した通称サッカー戦争なんてのもあるくらいだ。しかし、同じ隣国同士でも最近の日本と台湾のように尖閣問題を抱えつつも地震災害への復興支援をし合うことでお互いへの好意を高めているようなケースもあるわけで、冒頭のような問題も解決の糸口は努力さえすれば必ず見つかるはずだと思いたいね。

 夫婦関係も同じかな。最近、自分でも女房と喧嘩しなくなったなと感じているんだけれど、毎週日曜日に一週間のお別れをする際、惜別の言葉と感謝の言葉を伝えているのがいいんじゃないかと自負しているんだよね。長男には「お父さんは最近丸くなったね。」なんて言われちゃって、これって天竜効果? この年末には長女にも「お父さん、お母さんて面白い関係だね!」だって。これにはなんて応えていいか分からず、笑ってごまかしたけれど、取り敢えず、我が家は平和だということでしょうか。

 今年一年、景気の見通しがそもそも不透明なだけに余計な政治リスクの顕在化は避けたいのが世界の本音だよね。それには対立のエスカレートよりも好意の交換が大事なのかも知れないね。以上

念願

新しい年が始まりました。
本年もよろしくお願いします。

いつ頃からか分かりませんが、年末・年始に特別なものを感じなくなっています。
今回も、年に何度か会う友人達と会い、毎月のように行っている妻と自分の実家に行っただけの、少し長いお休みという程度でした。
ただ、実家での食事はいつもよりは豪華で量も多く、お酒の量もいつもよりは増え、予定通り少し体重を増やすことができました。

これも例年のことですが、自宅近くの神社に初詣に行き、この新しい1年が良い年になるようお祈りしてきました。
毎年、健康でいられるよう、自分の仕事に打ち込めるよう努めます!という宣言をし、導いてくださるようにお願いするようにしています。
健康面では、引き続き食事や栄養への関心を行動に結びつけ、献立のレパートリーを増やしていきたいと考えています。
仕事の面では、自分の役割を意識しつつ、必要とされる場面があればどんどん引き受けたいと考えています。

例年と違うことといえば、元気に仕事ができることのありがたさをいつも以上に感じています。
この気持ちを忘れずにいられれば、念願成就は間違いないと思っています。

仕事始め

今日が会社の仕事始めです。
年初め恒例の達磨の目入れでは今年の年女年男のかたに目を入れていただき抱負を述べるというものになりました。
今年もスタートです。
どんな年になるのでしょうか。
株価も下がり気味、為替も1ドル118円台をつけているなど波乱含みのスタートとなっています。
個人的な考えでは為替は一時的なものでまた円安になるのではないかと思っています。
波乱スタートの今年ですが、今週末には恒例となった自分の今年の一文字を朝礼で発表することになっています。
私の一文字は「健」で行きます。
もちろん健康ですが心も体も健やかにいこうと考えたからです。
実は昨年末に同級生が病のため亡くなり、昨日葬儀に行ってきました。
飲み屋で見かけては話をしたりしていただけに驚きました。
仕事をバリバリやってうまい酒を飲む!そのためには先ずは自分の身体作りが一番ですから。
正月から風邪をひいてしまい体調不良ではありますが、改めて健康管理をしながら一年を過ごします。
皆さんの今年の一文字は何ですか?


勇気づけの心理学

sonnyです

1月4日の通常国会召集に先立ち
安陪首相が「国造りの挑戦を始める年にしたい」
っと「挑戦」と言う言葉を24回も使ったっと
ニュースになっていた

私達の会社にとっても2016年は「挑戦」の
年になるのでは・・・っと私自身は考えている

「挑戦」には勇気が必要であるが
過日読んだ「アドラー心理学」の本でも
勇気づけについて書かれていた
もう少し「勇気づけ」について学んでみようと
買い求めた。
20160105_164821-1.jpg

著者によると日本は21世紀に入って
「勇気欠乏症」の状態ではないかと・・・

勇気とはそもそも何か?という事になるが
人前で自分の意見がいえるとか・・・
人前で注目を引くような行動・言動が出来るとか・・・
そう言ったことではない

ドメスティック・バイオレンス
引きこもり
子供に対する虐待などこれらは
勇気の欠如による問題行動である

アドラーの言葉を借りると
勇気とは
「リスクを引き受ける能力」
「困難を克服する能力」
「協力できる能力の一部」
だと言っている

仕事では新たな事に挑戦しなくてはいけない
場面が多々あるか
失敗した時のリスクを引き受ける気持ち
(実際に責任を取るという事でなく
プラス思考で目的思考である事)
や仲間と協力して時に仲間の失敗を許容できる
事が必要である
特にリーダーと名のつく人にとって
自らの勇気と同時に仲間を勇気づけて
前に進める様にしてあげる事が大切になる

勇気づけ出来る人とは
自分という存在を認めていて(自己受容している)
つまり自分が自分の見方であり
自分自身の能力に確信があり
リスクを冒すことをいとわず
自立心が旺盛であり
自分の欠点を客観的に認めていて
感情のコントロールが出来て
失敗や挫折を学習の機会と捉え
将来に自信があり
自分と他者との違いを認め
他者との関係が協力的である

こうやって並べると
出来ていない事の方が多く
自己受容できなくなってしまいそうだが・・・
常に心に留め置き
挑戦の2016年が成果に繋がるよう
自分自身も成長していかなければと・・・

新年!

2016年 1月 4日(月)

正月三が日も過ぎて、
そろそろ自分の気持ちのエンジンを掛け
動き出す為の
暖機運転が必要と感じています。

我が家も、親戚が集まったり、
子供達が帰って来たりで、
賑やかな正月を送る事が出来ました。
私も妻の実家に出かけては、
お酒をご馳走になり、
息子の運転で帰宅!
正月だけは、甘えさせてもらいました。

運転交代


毎年、諏訪まで初詣に出かけています。
今年も、諏訪大社の上社、下社に
お参りしました。

諏訪大社1

2諏訪大社


1月2日(土)は、朝早くに出かけたので、
渋滞も無く、スムーズなお参りが出来ました。
毎年、ここで交通安全のお守りを頂くのが恒例となっています。
おみくじは「中吉」
良くても、悪くなく無事に1年暮らせる事を祈ります。

下社秋宮で、ばったり
加工(G)のMさんに会って、
孫と一緒のMさんは、とても幸せそうでした。

今年の正月は、
15℃以上になるぽかぽかした日が続き、
梅の花も咲き出して、
運転をする私達には喜ばしい事でしたが、
ウインタースポーツのシーズンで生計を立てている方々は
悲鳴を上げていると思います。

カマキリの卵が今年は地上近くに有ったので、
私は暖冬と思っていおりましたが、
ここまで暖かいと、夏の水不足も心配ですね。
昨日は、駒ヶ根市内でも火事が有り、
乾燥した状態が続いています。

やはり、季節(四季)に合った気温、雪、雨、太陽が必要な事を
実感しております。

今年1年良い事が有りますように!

長寿

新年あけましておめでとうございます。
今年は新しい機械づくりにチャレンジし
今後の柱になる機械の完成を目指します。
皆で奇抜なアイディアを出し合い、
形にしていきましょう。

今日は、妻の実家に新年のあいさつに行ってきました.
お父さんもまだまだ元気ですが
今年82歳になるようです。
米や野菜を作り農業をやっています。
2020年に東京オリンピックが開催されるのですが
そこまで生きていられるかなーという話になりました。
「まだまだ元気ですし、自分のことはできているので
このまま、日々動いていれば大丈夫ですよ」と励ました。
2015年で100歳を超えている人は6万人を超えている。
平均寿命も男性80.5歳、女性86.8歳だという。
平均寿命はどんどん延びている。
現在の80歳の人などは、貧しい暮らしをしてきた。
食べるものもなく、苦労してきたので
現在も忙しく動いている人が多い。
きっと100歳までは生きていきそうだ。
現在の食べ物は化学調味料が多く使われているので
小さいころから接収している私たちは
70歳ぐらいになってしまうのではないかと思う。

100歳以上の人たちの共通点として
3食きちんと食べる。
ほぼ毎日野菜を食べる。
食べすぎず、好き嫌いはない。
散歩などの運動習慣がある。
好奇心が旺盛。
物事をいい方にとらえる。
決まった時間に起床する。
規律正しい生活をして、明るく、楽しく過ごすことが
長生きに直結するようだ。
今年は、どんな事に対しても前向きに考え、
楽しんで働きたいと思います。

初詣


新年、明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願い致します。

山梨の実家で、穏やかな正月を迎えました。
雲ひとつ無い快晴で、八ヶ岳の雄姿もくっきりと。

     新春の八ヶ岳

反対側には、富士山の頭がちょっとだけ見えました。

     実家から見る富士山の頭・・・

実家近くの山の手に神社があり、久し振りの初詣となりました。
石尊神社という神社です。

     地元、石尊神社

小さな時から馴染んだ遊び場でもありました。
正面の鳥居を潜ると、松並木と石畳が続きます。
緩い傾斜ですが、そうは言っても上り坂、息が荒くなります。
そしてなんと言っても圧巻は、その先に続く急勾配の石段。

     急な石段

何段あるのか、あらためて数えたことがありません。
登りながら数えようとしたこともありますが、途中で挫折しました。
小さい頃は、軽々と駆け上がりもしたように思うのですが、今は、
とんでもありません。
息が荒くなるのと、脚がだるくなるのと・・・。
途中、3回くらい休憩を入れて、息を整える始末です。

     由緒ある石尊の・・・

ハーハー言いながら頂上へ到着。
あまり広くない敷地に、こじんまりした社殿があります。
「大山祇神」と「日本武尊」の二神が祀られているそうですが、
この神社に神主はいません。
何かのお祭や神事は、すべて地元の役回りで執り行われます。

ここまで登ってきたのは、本当に何年振りのことか・・・。
子供の頃には、広いと思った敷地も、ずいぶんと狭く感じ、
高く、大きくそびえていた、2匹の狛犬の石像も小さくなったものだ
と、感慨ひとしおです。

今年は「申年」、年男です。
節目の年を迎え、今年一年の無事を神前で祈りました。


..........................by 隣の住人

明けましておめでとう!

明けましておめでとう!皆さん、良い年を迎えられたかな?昨年の我が家は子供三人のうち、上二人が相次いで結婚して、年末もそれぞれ夫婦で入れ替わり泊まって行ってくれて賑やかだったよ。そして初詣は家族で戸隠神社へ。日本有数のパワースポットで今年のエネルギーをもらって来たよ。スキー客も随分いて、戸隠神社らしい雰囲気だったね。

戸隠神社は初詣の頃、どんどんと雪が降っていたけれど、この冬は暖冬で雪が少ないね。初詣に並んだスキー客も「明日は全ゲレンデで滑れるかなぁ。」って、言葉を交わし合っていたけれど、我が家からクルマで5分の飯綱スキー場も写真の通りで、ペンションの皆さんは大変だよ。僕も近隣のスキー場ではダメなので久しぶりに志賀高原まで行こうかなと思っているところなんだよね。

さてみんなの今年の抱負は何かな?僕は今年また何か新しい挑戦をしたいね。自分の人生に悔いが残らないよう今出来ることをガンガンとやろうと戸隠神社の神様に誓って来たよ。以上
プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。