健康診断の結果が届いています

10/7に実施された健康診断の結果が届きました。
結果は・・・問題点ありでした。
毎年同じ箇所で引っかかっているので「やっぱり今年もだな」なんて油断してしまいそうな自分が怖いです。
再検査の用紙が届いたので主治医に行って相談します。
昨年と同じ結果でも自分の身体のパーツは年々衰えてきているのは事実です。
今年の前半は膝が痛くなり変形性膝関節症の手前だと言われたときは「もう身体の部品が摩耗してきているのだな」と実感させられました。
40歳を超えたころから飲み会の話題も少しずつ健康についてが増えてきている気がします。
若いころは車の話や音楽の話などで熱く語ったのが、今では自分はこんな症状だとか病院は何処が専門だとか共通の話題がそちらにスライドしてしまっています。
こんなところから年齢を感じさせられてしまいますが、健康は何歳になっても大切です。
健康な身体・心で日々の仕事を乗り越えましょう。
特に健康管理は健康状態が良いうちから始めるのがいいですね。
未病管理で家計費削減!
スポンサーサイト

文化祭に行って来ました!

名古屋まで、行って来ました。
目的は、
大学3年生になった子供の文化祭の見学です。

高校までの文化祭とは違い、
自由感が強く、
多くの方が楽しんでいました。

本人との会話は2分も有りませんでしたが、
就活が始まる前のこの時期に、
少しでも情報を集めるように
お願いしてきました。

まだ今年は学生の売り手市場ですが、
いつ、逆転してしまうか解りません。

自分のやりたい仕事が出来るように、
日頃から、努力しておいて欲しいです。

子供の成長の早さを実感した
名古屋訪問でした。


QCサークルリーダー研修会

10/18~19 QCサークルリーダー研修会が一泊二日で今年も開かれました。
2014年から世話人として参加しています。
研修では5名から6名でQCストーリー(問題解決型)で問題を解決していく研修です。
QC手法を体験する中でQC7つ道具の理解やコミュニケーション力の向上(話す力・聴く力)やサークル活動の活性化ができるリーダーについて学んでいきます。

今回は例年より多い29名の方が参加され、他地区の幹事の方が参加者の多さに驚かれていました。

研修開始第一日目の最初の1時間はQC手法についての座学ですが、初めて顔を合わすメンバー同士ということもあり会場内は沈黙の時間が多く重い空気が漂っていました。
座学が終わると、それぞれサークルに分かれ(今回は5サークル)問題解決型QCストーリーの演習に入っていきます。
最初はまだまだ重い空気ですが実際にテーマに取り組み始めるとコミュニケーションもとれるようになり、活発な意見交換ができるようになります。
活動の中で重要なこととして、自分たちで取ったデータの観える化があります。
得たデータをパレート図、棒グラフ、折れ線グラフ、管理図などにして、そのグラフをつくり、気づいたことを書き出します。
ここでは事実を観える化し言葉であらわす練習をします。

日ごろPCを使ってグラフを書いているせいか手作業でグラフを書くのは大変なようでした、しかし手で書くことにより、いくつも気づきが出て手書きだからこその良いところが味わえたようです。
毎回そうですが今回の研修の中で一番時間がかかり頭を悩ませていたが特性要因図。通称「魚の骨」と言われるものでした。
要因を挙げて検証し要因を真因とし対策を立てる。真因にたどり着いていないと真の対策が立てられないのは日ごろの作業での問題点解決と一緒です。
このようなことをたくさん体験していくのが今回の研修です。

私は世話人としての参加でしたが、毎年参加させていただいているので自分自身も一つ成長した気がしています。
とても貴重な2日間でした。

変わること

10月17日(月)

今週は、親戚に不幸が有り、
下伊那方面に出かけて来ました。

上伊那、下伊那、都会 ・・・・・・・・。と
風習に違いが有り、
戸惑う場面も多々有ります。

特に、葬式では告別式と葬儀の開始時間については
よほど注意していないと、葬儀が始まってしまったり、
逆に長時間待たされたりと
ひんしゅくを受けたりしてしまいます。

何事もそうですが、
『郷にはいれば、郷に従え』で、
その土地土地のやり方が有ります。
まずは、そのやり方をトライして変られる事を
少しずつ変えて行く事が良いのでしょか。

会社でも、
変える事にはエネルギーが要りますが、
トライしていく事が大切で、
大きな効果につながります。

少しずつでも良い結果につながるように
進めて行きます。

「まだ使えているから、大丈夫」の怖さ

「もったいない」は大切なことですが、経年劣化というものを知っていての言葉だと思います。
昨日は経年劣化と思われるケーブル火災で大規模停電が起きたよう驚きました。
今回のケーブルは敷設されてから35年経っていたとのことですが、普通に使えていると劣化に気づかないものです。
目視では毎年検査していたようですが気付けずにいたということは普通に使えていたという先入観が大きかったのではないでしょうか。
今回の事故の真因はこれからの調査で分かってくると思います。

さて、私たちの身の周りでも経年劣化が進んでいるにも関わらず「まだ大丈夫」というものが多くあります。
真っ先に思い浮かんだのは自分の体です。
私たちの体も新陳代謝で多少はメンテナンスされていますが、歳を重ねるにつれて劣化の速度は早まっています。
今まで何もなかったし自覚症状もないと油断していると大変なことになるかもしれません。
特に定期健康診断などの結果は真摯に受け止め、悪い結果が出たらちゃんと再検査を受け早めに治しておくことが大切です。
ほかにも自宅など定期検査をしなくて長く使用しているものは経年劣化を疑って大掃除などの機会に見直すことも必要ですね。
今回の事故をみて痛切に感じました。

防災訓練

10月10日(月)

コスモスの花も咲いて、
秋が深まって来ました。

image3.jpg

今朝は、12℃ぐらいまで気温が下がって、
いよいよ、半そででは限界に近い寒さです。

今日は、
世間では休日でしたが、
弊社は出勤日。

お客様が少ない事も有って、
午後に、防災訓練が実施されました。
大きな地震が来るかもしれないとの設定で、
非常持ち出し品と、避難経路の確認。
全社員が集合して点呼。

image1.jpg

image2.jpg

部署ごとの反省会といつ起きてもおかしくは無い
災害に向けての訓練です。

防災訓練は、いろいろな設定で、
数多くこなしておくことが大切と感じています。

秋の夜長に、
家族でも、防災について、
話し合っておくことが必要です。
帰宅後、携帯を使っての、
社員一斉の、安否確認訓練も行ってます。
時代は変化していますね。

駒ヶ根市内イベント満載!

今日の駒ヶ根市内はイベント満載です。
朝のうちは雨が強く降っており人出が心配されましたが、開催時間になると雨も上がり多くの方が出かけられていました。
商工祭り、パトナ祭り、子育て地蔵尊祭り、こまちバルと、どのイベントから見に行くか悩みながら出かけてきました。
これらのイベントは駒ヶ根商店街を中心に駅前から商工会議所近辺までの凝縮されたところで行われたので楽しく見て廻ることができました。
どのイベント会場も賑わっていてイベントスタッフの皆さんも咲顔で飛び回っておられました。
スタッフの皆さんのおかげで楽しましていただいております、感謝×感謝です。

私はまずは菩提寺である安楽寺の子育て地蔵尊からスタートし駒ヶ根駅前、銀座通りを廻り商工会議所、最後に安楽寺というコースで歩いてきました。
途中、安楽寺では子育て饅頭を買い、駅前ではミニソースカツ丼、銀座ではホタテ焼き、商工会議所では山賊揚げ、こまちバルの昼の部で鰻重…書いてみたら食べつくし祭り?かと思うくらいです。
これを全部食べたわけではないので悪しからず。
先週末の定期健康診断の結果を心配しつつ…さてこれから、こまちバルの夜の部に参加して飲んで食べてきます!

プレゼンテーション・コミュニケーション研修会

毎年行われるテクノネット駒ヶ根主催の喜田先生のセミナーの見学に行ってきました。
今年は天竜精機からは3名の参加です。
今まで喜田先生の研修を受講したことのないメンバーを優先に受講させています。
セミナーは見学という形で参加させていただいているのですが、今回も自分への気付きをいただいてきました。
セミナーは喜田先生の講話から始まり各参加メンバーの2分間スピーチ、喜田先生からのアドバイスという流れで行くのですが、
聞いている自分もスピーチをしている参加メンバーの皆さんの緊張感や話し終えた時のほっとした感じにシンクロしてしまいました。
参加しているかたが16名というせいなのか聞いている側も緊張し「この緊張感を味わうのは久しぶりで…いいな」なんて感じていました。
セミナーの中で先生は「このセミナーは話し方のセミナーでもあるが聞き方セミナーでもある」とおっしゃられ「ああ、それで自分も緊張して聞いていられるんだ。参加者なんだ。ラッキー」
セミナーの終わりには、見学をしていた私にもスピーチをさせていただくというサプライズまで頂戴して、3時間でしたが有意義な時間を過ごさせていただきました。
多謝!ありがとうございます。

元気な企業!

今年の秋は、困ったもんです。
雨が降る日が多くて、
日照不足にもなっています。
1週間の内に、
1日太陽が見られれば良い?状態です。

おかげで、
毎年、9月20日には完了している稲刈りも、
今年は、我が家は、昨日完了!
10月の声を聴いてしまいました。

泥との格闘を物語る田んぼがいくつも有って、
コンバインのキャタピラが
躍動した爪痕が随所に見られました。

それでも秋は深まっていて、
最近、梨の代表の『秋ずき』は
とても美味しいです。

秋月

もらいものですが、絶品です。

9月初めに、
地元のケーブルテレビ局の『CEK』が、
元気な会社という事で、
我社を取材して、
9月29日が放映日でした。
6:30頃からの放送だったので、
食堂のテレビを付けて、
希望者で見学会でした。

cek放送

各自、気分の顔が映るたびに、
歓声が上がったり、冷やかされたり。

地元の方々にはどう映ったのでしょうか。
我々は、
それぞれの目標に向かって
進んでいく事が大切です。
今年も、残り3ヶ月となりました。
来年に向けて準備を始めて行きましょう。
プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード