FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジニア


投稿が200回を超えたことに、気がつきませんでした。
ふ~、ようやくここまできたか、っていう感じです。

突然ですが、
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」
ご存知、某英国掃除機メーカーのキャッチコピーです。
1999年に日本に上陸し、独創的なデザインと遠心分離技術による
強力な吸引力で、日本の消費者の心もすっかり吸い込んでしまった
のではないでしょうか。

その最高技術責任者、ジェームズ・ダイソン氏の話が記事にありました。
彼が会社の中でもっとも重視しているのはエンジニアの存在だそうです。
エンジニアこそがイノベーションの源だと言います。
中でも一番大事にしているのは、経験がない若い人たちだそうです。
 “彼らは前を向き未来だけを見て、いままでと違うものを探そうとしている。
  「無かったもの」「新しいもの」を追求するのにたけている。
  心は理想主義で満ちあふれ、失敗も恐れない。
  だから専門家を懐疑的な目で見ることができるのだ。”
ダイソンのエンジニアの平均年齢は26歳だそうです。
実績を積んだ専門家は、経験がありすぎる故に、過去の事例にとらわれて
しまいがちだと言いますが、75歳のエンジニアもいて活躍していて・・・。
つまり、実年齢の「若さ」ではなく、考え方や気持ちの「若さ」が大切だという
ことを強調しています。
今までなかった斬新な考え方を持てるかどうかが肝心なのだと言います。

ダイソンのアイデアは、マーケティングの部門から寄せられることは無い
のだと言います。マーケティング部門が、アイデアを考える過程で全く影響を
与えないことこそがダイソン流だと。
もし発明前に市場リサーチしていたら、電池で動くパワフルな掃除機をつくる
のは無謀で失敗する、と結論を下していたかもしれない、とも・・・。

怖がらずに恐れない姿勢。
それこそがイノベーションに欠かせない条件だと言います。
「市場を変えることを恐れない」
「商品の固定観念やイメージを壊すことを恐れない」

いつまでも気持ちの若いエンジニアでありたいものです。

..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。