スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例大祭


近くにある、『梅戸神社』 の例大祭でした。
今日が宵祭で、明日が本祭です。

     のぼり旗

秋晴れの好天に恵まれた中、お膝元である当耕地でも、
祭の準備が行われました。

     祭準備

集会所を飾り付けますが、室内の紅白幕と、子供たちの競いに使うおんべは
昨夜のうちに準備ができました。
代々伝わる外幕も、だいぶ疲れた感じですが、それがまたある種の重々しさ
というか、歴史を感じます。

夜になり、宵祭で、大人たちが宴を催す最中に、子供たちの競いが始まり
ました。
神社の境内で御祓いをしてもらい、競いの集合場所へ向かいます。
総代は、子供たちと父兄を先導します。
ゆっくりと、子供たちの歩調に合わせ、歩いて行きます。
その間、無邪気な子供たちと会話を交わすのですが、なかなか面白い。
そういえば、自分の子供が小さかった時、祭でこうやって、一緒に歩いた
ものだなぁ・・・などと思い出しながら、少なくとも、20歳は若返った思いです。

     子供みこし

年毎に、子供の数が少なくなっています。
昔(?)は、近所で子供たちの遊びはしゃぐ声がよく聞こえていたものですが、
今では、めっきり聞こえなくなりました。
家の中でゲームに一生懸命なのかもしれませんが・・・。

先日、会社でお昼を食べている時、全国の100歳以上の人口が、5万8千人
以上になるというニュースが流れました。昨年から、4000人以上も増えた・・・
と。
自分も、年寄りの仲間に、片足ずつ踏み入れつつあるなぁ、と感じさせられる
瞬間もありますが、まだ若い。

地元の子供たちといると、自分も若返り、なんとなく未来を感じます。
この子たちに、明るい未来を約束したくなるのです。

     奉納煙火

..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。