スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仕事に才能はいらない』を読んで!

9月17日(水)

稲刈りの時期が近づいて、
天気予報が気になる所です。

会社の前の田んぼでも稲穂が垂れて、
稲刈りが始まりました。
自家用のお米の収穫で、はざ掛けをしていました。

はざ掛け

今では、珍しい?光景になってしまいましたが、
最近の収穫は、コンバインで一気に刈り取って
カントリーエレベータで乾燥させるのが一般的です。

我家も、
自分の家で育てたお米を食べていない農家の一つです。

話は変わって、
今回読んだ本は、
『仕事に才能はいらない』
金田 博之著書です。

9月の読書本

大手ソフトウェア企業に就職して
有名大学から入社した同期にコンプレックスを感じて
いた本人が、15年後には、
本部長になり、出世をしていった経験を綴っています。

自分も革めて
、会社に入社した時の
気持ちや、考え方などを思い返すきっかけになった本には
間違い有りません。

若いときには、
こんな考え方もしていたなあと、気付かされもしました。
先輩に対しても、
こんな気を使う事もあったし、
認めてもらいたくて、努力した事も有りました。

年を重ねると、
当たり前の事になってしまったり、
努力する事に時間がかかったり、流されてしまったり、
諦めたりしまったりします。

もう一度、
初心に帰って、一つ一つの事に、
真剣に取り組むきっかけになる本に思えました。

人を育てる事や、自分の成長する事も考えて、
もう一度、見直して、
取り組んで行きたいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。