スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営品質向上研究会

今週の火曜日に経営品質向上研究会に参加した。
今回は4回目だった。
今回教えて頂いた事は、
会社の現状を把握するには何を見たらいいかという事だった。
自分で考えた時、最初に思いつく事は売上と利益だ。
話しを聞いてみると「成果」と「状態」という話だった。
「成果」とは財務、顧客満足、社員満足、地域社会満足になる。
財務は利益が出ている事で非常に大切な事だ。
そして、お客さまに満足してもらっているかも成果として需要になってくる。
その指標はリピートが多くなってきたり
注文数が増えてくるという事になる。
そして、社員が満足しているかも重要だ。
利益を上げていても、社員が疲れきっていたら長くは続かなくなる。
そして、社会や地域に理解してもらえ、周りから認めてもらわないと
永続していく事はむずかしくなる。
この4つが成果として向上してこないといけない。

次に状態が良くならないといけない。
状態とはプロセス、方法などである。
業務プロセスが良いのかどうか。
業務プロセスには、企画、販売、製造があり、いい形でまわっているか。
そして、お客様や社会は常に変化している。
その変化に対応し、やり方を変えて行かなくてはならない。
その変化に対応した戦略を立て、やり方を変えていかなくてはならない。
周が変化しているのにいつまでも同じやり方では周りから遅れてしまう。
そして、人材と組織力を考えながらやり方を決めていく。
限られた人員の中でどこに重点を置くか
その人員で、どういう方法で業務を遂行していくかを考えないといけない。
その状態を良くしていくのがリーダーシップになる。
お客さまや社会の変化に対し、どういう人材、組織力で、
どういうやり方をしていくのかを考え話し合い決めて行く。
その結果、財務状況が良くなり、お客さまに喜ばれ
社員がいきいきとなり、やりがいを感じ、
社会、地域から認めてもらう。
この一連の繋がりの中でリーダーシップを発揮し
成果をだしていかないといけないという事だった。
お客様の変化、社会の変化に対し
天竜精機の強い所、弱い所を明確にしていき
何をしたら成果に繋がるかを考えなければならない。
一緒に賛同してくれるメンバーを巻き込みながら
皆が満足できる会社を作っていきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。