スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア仲間

  この三連休、娘がカンボジアへボランティア活動に行った際の同僚だという大阪娘二人組が我が家に泊まりに来た。ボランティア活動でカンボジアに行くくらいなので二人とも元気で行動的だ。娘にも何しにカンボジアに行くのか以前聞いてはあったのだが、改めて二人に聞いてみると英語と日本語をアンコールワット近くの村で教えて来たのだという。日本語はともかく英語をなんで日本人が教えるんだろうという疑問は残ったものの、二人とも英語圏への留学経験があって現在は語学能力を活用して機械商社などで頑張っているとのことだった。

 以前にも娘の留学生仲間が我が家に泊まりに来たが、彼女らも途上国援助のNGOのメンバーとしてアフリカに行ったり、インドに行ったりと頑張っているようだ。ユニセフの事務職をやっていた別の彼女は、友達がグローバルに現地で活躍している姿に刺激されて、ロンドンの大学院で再度勉強し直しているらしい。このブログの最初の頃書いた「アフリカの空」シリーズでも触れたのだが、日本の若い女性たちはアクティブだ。世界のどこに行ってもいるような気がする。実際、サハラ砂漠を単独で横断してしまったり、ヨハネスブルグの郊外のショッピングセンターでばったり出会ったりと、大胆な行動力にはこちらもびっくりだ。今回我が家に来た二人組のひとり、都さんもカンボジアの前はガーナへ短期ボランティアに行ったんだそうで、僕とは西アフリカの話題で盛り上がったよ。

日本社会はバブル崩壊以降、閉塞感漂う状況が続いているが、そうした閉塞感を打ち破るかのようなエネルギーを発散している若者は沢山いるんじゃないかと感じるね。もちろん、国内で頑張っているみんなもいるわけでそれぞれの生き方で活躍して欲しいなぁと思うのだけれど、若い頃、ほんの少しながらもグローバルな仕事の匂いをかいだ人間としては、いずれ日本の枠を大きくはみ出す活躍をする人材がこうした層から出てくるのではないか期待を持たずにはいられないね。

 今回の彼女たちは台風でJRが止まる前にと早々に大阪へ帰って行ったけれど、次回は南米ボリビアへボランティア(半分旅行か?)行きたいんだそうで、その後の話を楽しみに再会したいね。このところ歴女、山ガール、カープ女子、セレ女と行動的な女性を指した造語がやたら増えてきているけれど、彼女らにもそのうち造語がつきそうな気がしているよ。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。