スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨象も踊るのだから

過日の日経にIBMに関連した書評が載っていた。1990年代を代表する経営者とされるルイス・ガースナーの自伝「巨象も踊る」(日本経済新聞社)だ。




米国の宝とまで言われたIBMだが、1990年代はじめには主力事業のメインフレームの不振から業績が急速に悪化していた。これに対して外部から招聘されたガースナーは、外科手術を速やかに進めるとともに的確な事業戦略を打ち出して行くが、詳細は省略したい。

特に目にとまったのは次の二点だ。一つはハード主体だったIBMのビジネスモデルをサービス主導モデルに変えたことだ。ここでいうサービスとはタダで何かをしてあげるという意味ではない。顧客が抱える課題に対して総合的な解決策(ソリューション)を提供することを事業化するということだ。

二番目は、企業文化の変革だ。IBMには「個人の尊重」という組織風土があり、組織決定された事項を「私は納得できないのでやらない」ことがまかり通っていたらしい。創業時の理念の自分たちに都合の良い部分たけが残ったようだが、ガースナーは時間を掛けて変革して行く。

あれだけの巨大企業を変革して行くエネルギーは何処から出るのだろうと感心しきりだが、何やら規模は違えど当社にもハマる項目はないだろうか。巨象でさえ踊るのだからね。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。