スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛ある指摘

sonnyです。

2週前にも愛ある指摘について書いたのですが・・・
最近、職場の朝礼での話し合いでちょっと気になったことを書きます。

話し合いの中では・・・
「教えてくれているのだから・・・素直に聞いてやらなければ・・・っと思っています」
こんな話が出てきたのですが、
「思っていますってどういう事なの?」
っと聞いてみると、
彼曰く、「意味としては」っというものっと
「本当に私に愛ある指摘をしてくれているのか・・・
ただ言い易いから・・・憂さ晴らしも兼ねて・・・
俺のことをいじっているだけなのじゃないのか?」

どうもこの辺が彼の感情であることに気づきました。

別の人からは・・・
「自分の子供に接するように・・・諭すように・・・正しく生きてほしいから・・・
そういう気持ちで・・・仲間にも接する」
こんな話が出たのだか・・・

以前にある方から聞いた言葉が思い出された。

「俺の全ての指摘は・・・本当に自分の子に対して愛のある指摘だっただろうか?」
「多くが・・・感情的に・・・怒っただけだったのでは?」っと

私も・・・自分の子供に対し・・・愛のある指摘が出来ていない・・・
感情的に・・・叱責する方か・・・圧倒的に多い・・・

そんな事を・・・改めて反省した朝礼の話し合いでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。