スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走来る

11月も終わりになります。
12月に入るとせわしくなり焦って行動しがちです。
車の運転は特に気をつけたいところです。
先日、悲しいことに駒ヶ根市内で交通事故で犠牲になられた方が出てしまいました。
夜間の事故だったのですが、夜間の運転では危険察知が遅れると言われています。
交通事故の発生は昼間のほうが夜間の3倍起きていますが死亡事故は昼も夜も同じだそうです。
夜間の事故で歩行者が横断中に事故に遭うことが多く、右側から横断している歩行者が多いそうです。
これはヘッドライトが右側を強く照らさない構造にしてあるためだそうです。
ヘッドライトは使用は基本が上向きで対向車が来ている場合や前方に車両がある場合は下向きにするのが決まりです。
上向きだと約100m先まで照らしていますが下向きだと約40mになるそうです。
時速60kmでライトを下向きにしていて横断している歩行者に気づき慌ててブレーキを踏んでも停まるまでに44mかかるそうです。
40m前で気づいても間に合いません。ちなみに時速50kmでは停まるまでに32mだそうです。
ちょっとブレーキを踏むのが遅れたら間に合いません。
ライトを下向きで走行する場合は時速40km以内で走行するのが良いということになります。
運転免許を取得して年数も経過し大きな事故など起こしていないと慢心してしまいます。
お互いに安全運転に心がけ気をつけましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。