スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランド力


1位 日本
2位 スイス
3位 ドイツ
4位 スウェーデン
5位 カナダ
6位 ノルウェー
7位 米国
8位 オーストラリア
9位 デンマーク
10位 オーストリア

こんなランキングをご覧になった方も多いかと思いますが、
国別ブランドランキングだそうです。
日本は、長年トップの座にあったスイスを抜いて、今年初めて1位になり
ました。
世界17カ国で、頻繁に海外旅行をしている2530人の回答者から集めた
データを、国際的なブランドコンサルティング会社のフューチャーブランド
がまとめたもので、さまざまな消費財のブランド評価に用いられるのと
同様の基準に基づいて、世界各国のブランド認知を数値化したものです。

 “『国としてのブランド』になるには、その国の製品やサービスに対する
 人々の購買意欲が高く、生活したり留学したりしたいと思わせる国で
 なければならない”
と、言われています。
また、回答者が特定の国のブランドを高く評価するとき、リストに挙がっ
ているほかの国々より、“その国を訪れ、人に薦め、その国と商取引を
する可能性が高い” とも。

回答者は、テクノロジーや家電製品、自動車を、日本が持つ「概して高
度な専門性」と評価し、日本が最も力を発揮している分野として、テクノ
ロジーとイノベーションを挙げているそうです。
日本と聞くと「ユニークさ」を評価し、テクノロジーや医療、教育、歴史遺
産や芸術、文化を連想するという回答だったり、
日本は停滞することなく、常に向上し続けており、ロボット開発技術や
ロボットエンジニアリングで世界に勝っていると見られています。

中国へ出張しているときに、機械装置においては、「日本のブランドは
強い」という話を聞きました。少々値段が高くても、日本の製品が欲しい
のだと・・・。
日本人は、「勤勉」であり、「真面目」であり、「繊細な感覚」を持っている
とも言われ、だから、日本の製品は信頼できるのだと言います。

日本に生まれてきて良かったなぁ、と思う反面、日本に生まれた責任の
ようなものを感じます。
世界中の人たちから、そういう風に見られているのだから、といったプレッ
シャでしょうか。
努力を怠ったら、「なぁんだ、日本なんて・・・」と思われかねません。
誇りに思うと同時に、まだまだ自己研鑽が足りないな、と感じる記事でした。


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。