スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部署のスローガン

年が変わり、今年も部署ごとスローガンを決める時期となった。
会社方針に基づき何を目指し、どういう活動をするか決めなければならない。
今年の会社の方針は
短納期を目指す、後戻りの作業を減らす、
その結果社内のキャパを増やし、売上を増やすことを目指す事だった。
昨年通り、短納期で物づくりを進めるのだが
今まで、ずっと後戻りの作業が多かった。
機械を作る中での工程不良も多く、
納品後の補修工事も多かった。
今年はそれを減らす事を目指す事になった。
技術部でも年末年始の休み中に各々考えてきてもらい
小グループで話し合い、全体での話し合いを行った。
技術部として、今年どこを目指すのか、
具体的に何を行っていくのかを話し合った。
その中で、技術部としての在り方についての話しがあった。
昨年、社長が変わりお客様への挨拶周りをした時に言われた事で
「天竜精機の機械はずっと変わらない」
「技術的には他社に負けている」という話があった。
メンバーもそんな事をいわれとても悔しい想いをしていたようだ。
今年は技術的に負けない機械を作りたい。
新しい要素を盛り込み、どこにもできない機械を作りたい。
そんな思いが強く出ていた。
そして、機械の出来栄えは設計で決まる。
コストだって設計が決める。
購入品は設計で選定し、発注してもらうし、
部品の形状も設計で決める。
安定する機械になるか、不安定なのか、
段取りが簡単にできるのか、組立が短時間でできるか、
調整が簡単にできるかは全て設計が決める。
その責任を各メンバーが意識していきたいという話になった。
お客様に選んでいただく為には
技術部の各担当がその事を常に考えながら設計し、
喜ばれる機械にしなければならない。
その為にも、若手もベテランも知識を増やさないとできない。
知識が不足していた為に工程不良を出す事もある。
今年は、全体のスキルを上げる取り組みも行い
質の高い機械作りを行っていこうという話になった。
その為に、どうでもいい所は流用を増やし時間を作り
新しいユニット開発に時間を使う事にした。
お客様から「これはすごい」
と言ってもらえる機械を作り続けていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。