スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理職として必要な能力

こんにちは。くにです。

職場の近くから見たアルプスの山々は今日も美しかったです。
IMG_3596.jpg

一般的に部長や課長、主任といった特定の部署運営を任される役職者は
どのような能力を備えていることが必要なのか、考えてみたいと思います。

営業、設計、企画、購買、製造、総務など会社として果たすべき機能がある
でしょうから、まずはその役割を遂行できるよう行動することが、最も期待
される役割でしょう。

そのためには例えば営業であれば、顧客に提供するサービスや製品の
理解、顧客へのアプローチの方法、顧客が何を欲しているか把握すること
などの専門知識や経験が必要になります。

恐らく部署というからには管理者一人ではなく、最低一人は部下がいること
が一般的でしょう。
そうであるなら部下が期待したとおりに仕事をしてくれるよう、仕事の指示や
その結果のフォロー、部下の育成に責任を負います。

また、管理職は会社の経営を考える立場になりますから、社長や取締役と
いった役員やその他の管理職とともに、会社の運営について、考える役割も
担います。

そのためには
・会社はどのように運営されるべきか(会社内での指揮命令系統)
・売上をあげるための方法や、仕入や在庫の管理
・人の採用や退職時の対応、昇進昇格などの人事
・従業員が働きやすくするための諸々のこと(給料、賞与、福利厚生、休暇、
 健康管理、職場の安全衛生など)を考え、実行
・顧客を増やすための広告
・監督官庁(役所)との対応
など多岐にわたります。

このように、会社運営を理解することも必要です。


一般に従業員が100名以下の中小企業では、上記のような管理職として
必要な知識や心構え、役割や責任・権限を管理職になった際に教育を
受ける仕組みは無いことが多いです。

そのため、中小企業の社長は自分の右腕として働いてほしい管理職が、
期待した通りに動かないため、いつもイライラしている。

その一方で、管理職自身は、上記のような役割を理解していないし、
心構えも十分無いまま役職を与えられるため、終始戸惑いながら管理職
をこなそうとするケースが多いですね。

社長には怒られ、部下には明確な指示が無いなどの理由で突き上げられ、
どんどんストレスは溜まる・・・。

管理職手当はつくものの、残業代はつきませんから意外に部下の方が
手取りの給料が多い、というケースもあったりします。

そのような様子を見て部下からは、自分はあのような貧乏くじは引きたくな
いと陰口を言われ、管理職になったことを後悔する方も、過去お見受けして
きました。


本来、管理職など職位が上がれば、権限が増え、できる仕事の範囲が増え
仕事にやりがいが増えることが多いはずです。

給料も責任、権限、果たす役割が増えれば、多くの給料をもらって当然の
はず。

せっかく会社に貢献しようと頑張ってきたのに、その結果、管理職になって
後悔するというのはとても不幸です。

管理職になっていよいよやる気に満ち、部下やお客さんのために働くぞと
張り切って管理職になる方が増えてほしいと願うばかりです。


会社は、従業員が管理職になる前、あるいは既に管理職の方があらかじめ
学ぶべきことを研修プログラムを用意して、役割を十分果たせるようバック
アップが必要だと思います。

また給与体系も管理職には役割・責任に応じた適切な金額をお支払いする
ことがやる気につながります。


大きな会社組織ですと、管理職研修は一般的にありますが、中小企業では
管理職研修という考え方そのものがなかったり、研修を実行するノウハウが
無い、あるいは予算を取っていないケースが多いのも事実です。

しかし、多くの社長がそうであるように、管理職が思ったように動かないと
感じたら必要な研修プログラムを会社が用意する必要がありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中間管理職が期待通りにパフォーマンスを出さない最大の問題が 知識がないから・・・であれば研修は有効ですね。
しかしそれが最大の原因となっているでしょうか?
もしそれが原因だったら それなりの研修会に参加したい・・・といえばいいんじゃないかなぁとも思うのですが 本当の原因は 社員に話しかけないからではないでしょうか?
下手であれば 伝わらないため 伝えて更に自分の意図通りに動いてもらうには回数が必要ではないでしょうか?
当社の支援職に問題点がある・・・としたら まさにこのしつこさの部分。
誰かに話したから その人が伝えてくれるはず・・・とか 私は話しましたよ・・・で人が動いてくれたら苦労しないのです。
だからこそ 支援職は記事を提供し続けて 社員と関わる中で人間関係を構築 しつこいほど話すにつなげなくてはならないと考えていますがいかがでしょうか?
プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。