スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぃんどうず


いよいよ 『Windows 10』 が姿を見せました。
米マイクロソフトで、新版『Windows 10』の説明会が開催された、と。

  「Windows as a service.(ウィンドウズをサービスにする)」

目を疑いましたが、
『Windows 7』や『Windows 8.1』を利用しているユーザーは、
『Windows 10』に無償でアップグレードできるのだというのです。
 「スマホやタブレットでは当たり前だが、MS Officeと並ぶ稼ぎ頭である
  OSを無償で提供するという決定は、マイクロソフトにとって非常に
   大胆な戦略だ。」と・・・。
そりゃそうですよね。
今まで、パソコンを選ぶのに、OSも選択リストの1つにあり、グレードにより
価格も変わっていましたから・・・。
無償のLinuxを・・・という選択だってあったわけです。

「あまり評判のよくなかった『Windows 8』への反省・・・」って?
パソコン、タブレット、スマホといった、どのデバイスでも使いやすいような
操作性を大幅に改善させたそうです。

現在、15億人のWindowsユーザーがいるということですが、無償アップ
グレードにすること、さらに操作性も今までの延長線上であるとすれば、
間違いなく、多くのユーザーが『Windows 10』に移行してゆくに違いあり
ません。少なくとも、私は、そうしようと思っています。

それにしても、もう1年早くそういう決断をして、『XP』の呪縛を解いて
欲しかった、と思うのは私だけでしょうか?
古いOSのしがらみで、そうはいかなかったとは思うのですが、
また、それによって潤った面もあるのでしょうけれど・・・。

新しいOSが描く未来は、どのようなものなのでしょうか?
同時に発表された「ホロレンズ」というウェアラブル端末は、3Dホログラムを
目の前の現実世界に重ね合わせて映し出すのだそうです。
カメラやセンサーで、ユーザーが見ているものを判断し、手の動きと音声を
捉えながら、目の前の映像を操作できるようになるのだそうです。
ハードウェアの発達とアイデアが、新しいOSの未来を拡げてゆく
気がします。


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。