スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間隔反復

 みんなは間隔反復という言葉を知っているかな。ネットで調べると、間隔反復とは前の学習からその学習内容の復習までの間隔を段々伸ばしていくことにより心理学の間隔効果を利用して効果をあげる学習技術ということだそうだ。

 みんなはテスト勉強をどうやっていたかな。大概は一夜漬けだよね。僕なんかもあんまり早く頭に入れると忘れちゃうんで、直前に詰め込むのを良しとするタイプだったね。このタイプの勉強の仕方を集中学習と呼ぶようだけれど、短期間の間に覚えるのは効果があるようだけれど、先ほども言ったようにすぐ忘れるという大きな欠点を持っているんだね。

 ところが間隔反復という学習の仕方では、最初は理解に重点を置いてそれほど細部まで覚え込もうとはしないでおいて、復習に重点を置くんだね。その復習自体も複数回行うのだけれど、段々と復習の間隔を開けていくというものなんだ。復習の間隔が開くことで、別の学習がその間に入ってくるわけで、こうした多様型学習が当初学習した内容の理解度深めるということにつながるようだね。一見、関係のない学習をバラバラにやることがそれぞれにつながって効果があるのかと思うのだけれど、実験などで効果が実証されているようだね。最近は年をとったせいかどうも集中力が落ちていて、本を読んでもすぐ飽きて別のことをし始めてしまうんだけれど、それにも良い面があるのかと思うとちょっと安心したね。

 こうして考えると我々が日頃職場の中で行っている学習活動にも応用が利きそうだね。大概は勉強会も一度やっておしまいになりがちなんだけれど、しばらく間隔が開いたところで少し角度を変えつつも復習を行うというのが効果的ということだね。また、多様型学習という面では、一見関係なさそうなことを勉強してみるのも効果的なわけだ。設計に係替になったので根をつめて集中勉強するのもいいのだけれど、休日自分の趣味みたいなものをやっている中で「あれっ、あの時勉強したことはこういうことだったのかな?」なんていうこともあるよね。

 そもそもちょっとワンブレイク入れて、別なことをしようと思える精神的な余裕も大切にしていきたいね。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。