スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望のつくり方

sonnyです。

通販サイトでパソコン関連の本を注文した後
何気に検索していたら赤い色の本。

「希望のつくり方」?それ何?
って思って買ってしまった。
希望の作り方

「かつて希望は前提だった」
しかし現代は、誰にでも希望が与えられるような時代では
なくなった。

「希望」とは何なのでしょうか?

希望とは・・・現状と違う未来を求めること
似ている言葉で幸福があるが・・・
幸福とは今と同じ状況が維持されること
っとこの本では定義している。
もう一つ似た言葉で「安心」がある。
安心とは未来の状況が想定できるということ
希望とは少し違うようだ。

希望とは現状と違う未来を求めること・・・
つまり変化を望むということのようだ。

調査によると8割前後の人は「希望」があると
こて答えている。
この数字には驚いた。
しかし昔に比べればこの割合は減ったいるらしい。

現代は希望が持ちづらくなった時代・・・
こんな言葉を聞くが、
社会の変化、格差の拡大・家族との関係で希望を持てない人が
増えているのは現実のようだ。

希望を持つために必要なこととして
「気持ち」「何を」「実現」「行動」があって
「気持ち」とは思いとか願い
「何を」は自分にとって大切なこと
「実現」とは道筋
「行動」はやってみるっということ

多くの日本人はこの「希望」仕事に求めているらしい。
欧米人に比べて仕事の評価を自分自身の人間性の評価と
捉える傾向があるからだそうだ。

希望を持っていないより持っていたほうかいい
そう感じる方も多いと思う。
しかしそう簡単にもてるものではない。

希望の反対には・・・絶望かある
希望など持たないほうか・・・絶望しなくて
すむかもしれない
しかしその考え方・生き方は楽しのだろうか?

ちっちゃな希望でも・・・
毎日わくわくしながら・・・
実現に向けて行動できたら・・・

とこれを書きながら周囲を見渡すと・・・
以外にみんな希望をもって仕事してるのかな~
って思っちゃいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。