スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいさつ

  先日、技術部内の朝の話し合いで恒例の「今度入社する新入社員に一言アドバイスしたいこと」をテーマに意見交換をしたよ。話し合いの結果は「挨拶をしっかりやろう」というものが多かったね。この挨拶は当たり前のことで社会人いや共同社会に生きる人間としてイロハのイなんだけれど、日常の中でいい加減になりがちなものだよね。

 高校時代をサッカー部で過ごした僕としては、よく監督から挨拶のことで怒られたことを思い出してしまうよ。わが校サッカー部創設以来の監督でとにかくおっかない監督だったね。僕なんかは完全に不良部員として目をつけられていて何かというと怒られたね。ある時、向こうからやって来る監督と目があったんだけれど、「まぁ、まだ遠くだし」というのと迫力に押されたのもあって、顔を横に向けて挨拶をしなかったら、怒られた怒られた。「お前のあの態度はなんだ!」「お前は我がサッカー部の恥だ!」とまで言われたね。まあ、今から思うと服装もちゃらんぽらんな不良部員だったね。部員同士も体育会系の常識として先輩に対しての校内での挨拶は絶対で、下級生同士「こっちから挨拶しても先輩は無視して挨拶を返してくれないじゃないか。」なんて不満を言い合っていたもんだよ。

 人間関係を円滑にもダメにもしてしまうこの挨拶というものにおいて、この挨拶されたらきちんと返してあげるというのもとても大事なことだと思っている。特に上位に立つ人間に対して周囲が挨拶しても全然返してくれないとなると、挨拶する気がなくなってしまうよね。挨拶をされた本人は全然気にしていなくても、挨拶を返されなかった人はしっかりと覚えていることになってしまう。私も気をつけなくてはと思っているけれど、そんなことをされたという皆さんがいたならば、本当に申し訳なく思います。

 技術部の昨年の新人のYくんといつぞや面接した際に「いいか。お前の重大なミッシヨンは、朝、部室に入ったら大きな声で部室全体のメンバーに届く声で『おはようございます!』と挨拶することだ。いいな!」という役割を担ってもらったんだよね。Yくんはそれから一生懸命頑張ってくれたね。最近、技術の朝礼でこの話をする機会があったので、彼に「最近どうだ。あれを続けているか? みんなは、挨拶を返してくれるか?」と尋ねたところ「やってます! 僕が大きな声で挨拶すればするほど、皆さんからの挨拶もより沢山返ってきますね。」と答えてくれたよ。そうかぁ、そうだよなぁ。ああ、自分に言っているんだと気持ちが届くような挨拶をした方が、返しの挨拶も返って来易いのか。「挨拶における作用・反作用の法則だなぁ」と彼の発言に妙に感じ入ってしまったね。

 今年ももうすぐ新人が入ってくるんだね。みんなでしっかり挨拶を返してあげよう。いや、僕らから挨拶をどんどんしてあげたいね。みんなもよろしく。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。