スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春分の日


今日、3月21日は『春分の日』でした。
うららかな日和で、ようやく本当に春が来た、と思える1日でした。
実は、土曜日で会社がお休みだったので、今日が祝日だとは全く気が
付かないでいたのです。
ニュースで聞いて、初めて “あぁ、そうか” と思ったのですが、それにも
増して、「春分の日」が年によって変わるなんていうことも知らないでいた
のです。
そういえば、3月20日が「春分の日」だったこともあったかなぁ・・・と。
それに、「秋分の日」も変わるって・・・。

「国民の祝日に関する法律」によれば、「春分の日」は「春分日」、
「秋分の日」は「秋分日」を採用するとされているのだと。
これは、天文学上の呼び名だということですが、

  太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」といい、
  地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」という。
  黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、
  その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と
  呼ぶ。そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間が
  それぞれ「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日
  のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶ。

・・・のだそうです。 そして・・・、

  地球が太陽のまわりを回るのにかかる日数は365日ちょうどで
  はなく、平均すると約365.24219日になる。時間に直すと365日と、
  6時間足らずの端数があることを意味する。つまり、地球は太陽
  のまわりを365日と約6時間かけてちょうど1回転し、元の位置に
  戻ってくるということになる。
  「春分」は、毎年約6時間ずつ遅くなっていき、そのために春分日
  の日付がずれることがある。

・・・と。
4年に一度の「うるう年」で調整されているようですが、それでも「春分」
の時間は、微妙にずれていき、カレンダーは固定できないようですね。
仕事に追われていると、季節感は、「寒い」か「暑い」だけになってしまい
ます。
今日は何の日? なんて、時々足元を見る時間も大切にしたいですね。


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。