スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引継ぎ


ようやく終わりました。
役員の引継ぎ会で、耕地総代から解放されました。
先週は、会計監査を受け、年度末総会を行ない、バタバタと過ぎました。

会計からすると3年間、耕地の運営に携わってきました。
長かったなぁ・・・。
今は、やり切ったという達成感に浸っています。
来年度の役員決めに苦労した分だけ、ほっとした安堵感が大きいのです。
これからは、履歴一覧を見れば、すぐに候補を当てられるようにしました。
「できる人なのに、何も役をやってないねぇ・・・」とか、
「こんなに、いろんな役をやってたんだ・・・」とか、いろんな発見があり、
役員決めの難しさを味わった瞬間でもあったのです。

来年度の総代との引継ぎで、
「なんで、こんなことまでしなきゃいけないんだ?」と言われ、
確かにその仕事は、別の役回りで担当したほうが自然かな、と思ったり
して、いろんな面で、総代の仕事を増やしているのかもしれない。
毎年引き継いでいることだから・・・と、特に不思議とも思わずやってきました。
来年は、仕事の内容を見直したほうが良さそうだね・・・ということに。
特に、集金だとか、資料配布だとかは、流れを追ってみれば、結構効率化が
可能だったりするのです。
そして、役割をもう少し分散することで、総代も楽になります。
本来、耕地を代表する立場としての仕事があって、それに注力するべきなの
でしょうけど、そうなっていないような気がします。
なんでもかんでも総代に任せれば・・・っていうことになり勝ちです。

来年度の総代は、しっかりした方です。
新しい考え方で、変わってゆく気配も感じます。
安心して、バトンを渡しました。


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。