スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手

今日、武道館で「第二十回駒ケ根市空手道選手権大会」があった。
これは駒ケ根のスポーツ少年団が主催し
長野県の各空手の団体が参加していた。
私の息子もスポーツ少年団に入っているのでこの大会に参加していた。
父兄も試合進行の補助として参加していた。
最初の開会のあいさつの中で市長から空手の目的の話しがあった。
心と技と体を鍛える事で一人の人間として成長する為だそうだ。
週に二回練習がある。冬も裸足で練習しなければならない。
辛いと感じる事もあると思うがそれでもやり続けるという強い精神力を作り
強くなる為に幾度も練習し技を磨いて行く。
それを繰り返す事で心と体を鍛えていくんだと感じた。
試合はトーナメントで行われ、今回私は選手の呼び出し係を行った。
勝ち残ったメンバーを記録しながら試合の順番をみて
試合をする選手の名前を呼び上げる。
試合をすぐ近くで見る事ができた。
型と組み手の試合があり、午前中に型が行われ、午後に組み手の試合があった。
最初は園児の試合だった。まだ小さい子供なのだが
しっかりできている子も数人いた。
動きは素早く、止める所はピタッと止めていた。
本人のセンスとやる気、指導力が咬み合うと
幼児でもここまで出来るようになるのだと感心した。
大きくなるにつれ更に強くなっていくんだろうと楽しみになった。
高校以上一般の部では、日本代表を幾度も経験している選手が参加していた。
やはり日本代表ともなると技のキレが違う。ほれぼれする。
こんなに近くで試合を見る事ができてよかった。

我が家の息子も現在小学校4年生で、4年間空手をやってきた。
しかし、今回の大会を最後に辞める事にした。
最後に指導してくれた先生に挨拶をしてこれで終わりになった。
初段をとるまでやって貰いたいという願いがあったが、
本人の希望でここまでにする事になった。
嫌な日も幾度かあったが、それでも練習に行かせた。
途中でやめる事になったのは寂しい気もするが
4年間ずっと続けてきたのでよかったと思う。
これまでの経験が今後の人生に繋がっていく事を期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。