スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国3位の遊園地

こんにちは。くにです。

今日は遊園地のお話。
遊園地・テーマパークといわれてみなさん、頭に思い浮かべるところといえばどちらでしょう?

統計によると
1位はなんといっても、『東京ディズニーランド』と『ディズニーシー』。
我が家も子供を連れて行きましたが、夏休みという時期も重なって、大変な人ごみ。ヘトヘトになる夢の国でした(苦笑)。

2位は『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』。
経営者が変わり、次々と人気アトラクションをオープンさせ、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が昨年7月にオープン後は大変な賑わいのようです。

さて3位はどちらだと思いますか?かなり意外!でもとても身近なところでビックリでした。

なんと正解は愛知県刈谷市にある『刈谷ハイウェイオアシス』http://www.kariya-oasis.com/
4月15日刈谷ハイウェイオアシス


私も何度か行ったことがありますが、駐車場の入り口から長蛇の車の行列。現在は入場するだけでも2時間待ちの日もあるようです。
さらに入園してみるとアトラクションが大行列、フードコートも満員御礼のようです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150415-00066260-toyo-bus_all&p=1


雑誌記事でも、
「そこまでにぎわう理由がわからない。ディズニーのように巨大なお城もなければ、ハリー・ポッターのような凝った世界観の施設もない。」です。

正直私も賑わう理由がわからなかったのですが、記者は
「ここまでの賑わいを見せる理由を探ると、刈谷ハイウェイオアシスならではの仕掛けが隠れていた。」 
  ↑
興味が湧きます!!


人気の理由① 遊園地”兼”パーキングエリア! 

記事によれば
「高速道の利用客と地元近隣住民、その両方からここ刈谷ハイウェイオアシスに人が流れてくる仕組みになっている。ここで留意したいのが、高速道路からの利用客が単に休憩で訪れるだけでは、入場者として数に入らないこと。刈谷ハイウェイオアシスに対して、お金を使った人だけが入場者にカウントされているのだ。ということは、単に立地上の理由だけで入場者数全国3位になったわけではない。」
とのこと。

人が集まる立地上の優位さがあったわけですね。


人気の理由② 普通の遊園地やテーマパークにはない充実の施設!
「健康遊具や幼児用複合遊具、フィールドアスレチックといった無料の公園設備に加え、夏は水遊びができる広場もある。またドライバーの疲れをいやしてくれる天然温泉「かきつばた」ではサウナやヨガも楽しめ、人気店舗が軒を連ねる充実のフードコートや、地元の新鮮な野菜や魚介を購入できる市場もある。」

そして
「中でも利用客に大好評なのが、女性専用トイレの通称「デラックストイレ」。トイレだというのに、インテリアは絨毯張り。フラワーアレンジメントも随所に設置され、なんとソファーまで完備している。あまりに清潔感があるため、なんとここでお弁当を食べる人もいるのだとか。」

え?!トイレでお弁当?

ビックリですが、これホントです(笑)。 ご近所の女性が全く同じことを仰っていて驚きです。


さらに

人気の理由③ 信じられないほど激安価格!
記事では
「アトラクションの利用料金を見てみると、安いものは1回50円、高くても100円という、ほかの遊園地では考えられないような激安の値段設定になっている! こんなに安いんだったら、ちょっと運転に疲れた合間に短時間で遊ぶもよし、近所に住む人たちが子供を連れて気軽に遊びに来ることもできる。」

「ただ、こうした激安設定では、ほとんど収益は見込めないという。刈谷ハイウェイオアシス株式会社の取締役・澤田忍氏によれば、「安さを武器にお客を集め、地元に密着しながら長期間・継続的に足を運んでもらうのが一番の目的」なのだとか。」


やはり庶民としては「安・近・短」ですね。

記事は最後に
「実際このビジネスモデルは「刈谷モデル」とも称され、サービスエリア業界では一つの理想形として注目を集めている。
 高速道の利用客と地元近隣住民の両方に、充実した娯楽や商品を格安で提供することで、気軽に、何度でも来て楽しめるような施設を作ったことが、刈谷ハイウェイオアシスが入場者数全国3位になった秘密だったのである。」

とのこと。

かつてサービスエリアは旧道路公団がファミリー企業で利益を独占をして、道路建設費用を独り占めしていると批判を受けたことを思うと、隔世の感があります。

確かに近所の方で毎週のように刈谷ハイウェイオアシスに週末、出かけるというご年配のご夫婦がいて、
「気楽に一日過ごせて、何度でも行きたくなるよ。」
とおっしゃっていたのが印象的でした。


ご興味が湧いた方、東洋経済オンライン 4月15日(水)「あなたは、全国3位の遊園地を知っていますか」http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150415-00066260-toyo-bus_all&p=1 をご覧ください。


消費者の嗜好は時代とともに変化しているようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。