スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継続は力なり

最近、当社を卒業して行った仲間の苦戦を伝える情報をよく耳にする。仲間を送り出す際には「いいか、世の中に当社ほど働き易い職場はないと思って行けよ。最初は職場風土の違いに戸惑ったり、こんなはずじゃなかったということが沢山あるだろう。でも、1~2年はしっかり我慢してとにかく日々を頑張れよ。そうすれば、必ず慣れて視界が開けて来るから。」との言葉を贈ったものだ。消息の知れない仲間も今頃どうしているかなとも思うし、とにかく縁があって一度は職場を同じくした仲間なので、新しい職場へ行っても頑張って、大きく成長した姿を見せて欲しいと願っている。

 ところで、今朝の総務・営業・管理Gでの話し合いのテーマは行動指針4番の「私たちは決まった事をやり続けます。」だったね。このテーマは私がこだわって行動指針の中に入れてもらったものなんだ。見方によっては何か変化を否定するようなニュアンスにもとれるが、言いたいことはそうことじゃないんだよね。良いことを皆でやろうと決めたのなら、やり抜こうよという意味だよね。そして止める時には皆で確認し合って発展的に止めたいよね。また、「決めた事」でなくて「決まった事」にしたのは、自分は違う意見を持っていたとしても皆で話し合った結果として決まったことは「俺は賛成じゃないのでやらない。」ではなくて、組織として皆で一致団結してやって行こうということも意味しているんだ。

 決められたことを継続して実施していくのが当たり前の職場で育った私としては、「時間をかけてせっかくいろいろ決めたのにあっという間に自然消滅では時間コストがもったいなさ過ぎるし、何より当社がレベルアップして行けないじゃないか。」と残念でしょうがないんだよね。いろいろ決める際にも皆そうだそうだと言ってあるべき姿に向かって決まっているとは思うのだけれど、それが現実的なものなのか、実際に回し続けていけるものなのかについて検討が足りないということなんだと思うよ。後は目標などを決めた際の達成に向けての意欲かなぁ。単に意欲というと精神論で終わってしまうので、PDCAを具体的にどう回していくのかの詰めをきちんと行って、それに沿って日々の行動を行っていく、行わしていくという仕組みをしっかりさせておくということだね。

 「継続する」という意味では冒頭の話も同じだね。自分で今度はこの職場で頑張ろうと決めたのだから、自分で自分を納得させられるまで頑張って続けることが大事だと思うね。「石の上にも三年」という言葉もあるじゃないか。今度と言う今度はもっと必至に仕事に食らいついてみろよ。誰が彼らに会う機会があったら伝えてあげて欲しいね。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。