スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金


年金の支給額が一昨年から段階的に引き下げられたことに対し、年金
受給者1500人余りが、「健康で文化的な最低限度の生活を保障した
憲法に違反する」と主張して、引き下げの取り消しを求める訴えを全国
の裁判所に起こしました。

まだまだ、と思っていましたが、「ねんきん定期便」なるものが届くこの歳
になると、ちょっと気になるニュースです。
国の財政状況を見れば、長期的に安心して暮らせる老後保障なんて、
全く期待できそうもないのですが、かといって、自力でなんとかしようと
考えても、すぐに名案は浮かびません。

提訴後に会見した73歳の女性は、「支給額が引き下げられた一方で、
消費税率は8%に上がり、食費を切り詰めて生活しています」と訴えて
いました。

「健康で文化的な最低限度の生活・・・」って、一体どういうレベルなので
しょうか? そして、それを実現、維持するのには、どれだけの収入があれ
ばよいのでしょうか?
人それぞれにレベルが違うと思うのですが、持ち家があれば、あとは食費
と衣料、生活必需品・・・。 医療費が掛からないよう、健康に暮らし、趣味、
嗜好にまわせる分が少しあれば・・・。
少なくとも、今の生活スタイルはできないでしょう。

日本年金機構で、ユーザー登録すると、年金シミュレーションができると
いうことなので、申し込んでみました。
果たして自分の老後って、どんなだろう?


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。