スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解禁

とうとう来春卒業する学生の採用選考が8月1日に解禁された。1日は土曜だが、早速選考を開始したようだ。

政府の学業優先による要請で、経団連は今年から去年より4カ月遅くしたが、当社は採用予定数の内定を既に出している。

解禁1ヶ月前の時点で大学生の約半数が内定を得ているそうで、昨年度と比較して大幅に増えており、ややもすると過度な囲い込みの状況が、今年度の採用活動の歪んだ構造をよく表している。

この8月の1ヶ月、既に内定を出した学生を奪われるかもしれないと心配している当社を含めた中小・中堅企業と、まだ内定を貰っていない学生にとっては、「オーガストブルー(8月の 憂鬱)」とも言われ ているそうだ。

内定辞退者が出ないように、解禁に合わせて研修を開催したり、ハワイ旅行に連れ出したバブル時代さながらに、内定者を客船に乗せて2泊3日の海上研修に連れ出したりと、実質的な踏み絵をしているという。

また、内定者に他社への就活終了を強要するオワハラ(就活終われハラスメント)も大学に報告されており、企業側に自粛を求める事態となったと聞いている。

とりわけ目立つのは、採用担当者の前で内定者が携帯電話で他社の内定辞退を強いられるケースだそうだ。

何とも品位のない様子ではないか。
このような事をする企業風土はどこかが劣化している筈だ。
とても社員として採用しようとする姿勢ではない。

もちろん経団連加盟企業でも水面下で色々と動いており、8月は意思確認のみなんてことも聞かれ、綺麗事では済まされない部分もあるとは思うが、企業と学生が対等な立場で行う面接の場で、違和感や理不尽さ、ましては恐怖を感じるなんておかしい話である。

当社もオーガストブルー以降、対応を迫られることがあるかもしれないが、誠実に、実直に、丁寧に対応しなければならない。

TT
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。