スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物を売る

今後の業績をどうやって伸ばしていくか考えている時に
「物を売るバカ」という本が目に入った。
読んでみると良い商品も買い手に良さが伝わらないと
買って貰えないという事だった。
その商品の価値や会社、生い立ちなどを伝える事で
欲しいと思ってもらう事だという。
お客さまに喜んでもらう為に「ストーリー」を紹介し
興味を持ってもらいファンになってもらう事が必要という事だ。
お客様がこの商品のここが良いから買いたいと思ってもらう。
この本を読んでいて、以前に天竜精機でも
どんな価値をお客様に届けるか話あった事を思い出した。
「超短納期で機械を作ろう」とか「使い易い機械を作ろう」とか
しかし、ほんとにお客様が期待している事は
違う事じゃないかと感じていた。
お客様全般をターゲットに考えていから
一般的な話しになっていたような気がする。
各企業の業務の進め方や考え方が各々違う。
それをまとめて考えてもうまくいかない。
各企業の生産技術の仕事の進め方や考え方に合わせて
どういうサポートをしたら喜んでもらえるかを考えたい。
ある企業と付き合いだした時に
「近くにあるから困った時にすぐ対応してもらえるのがいい」
という話を聞いた事があった。
完成度が高いからといって生産が全てうまくいくとは限らない。
材料の精度などで稼働率もかわってくる。
そういう時に状況を判断し対応する事が
そのお客さまの求めている事なのだろうと感じた。
天竜精機を選んでもらっている理由を明確にし
その部分を大切にしていかないといけないと感じた。
お客様ごとにどんな価値を提供できるのかを考え
お客さま別に提供価値を考えていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。