黒船到来

黒船到来とは少し大袈裟だが、動画配信で世界最大手の米ネットフリックスが、定額制動画配信サービスを2日から開始した。

米国では9割が有料放送を視聴しているそうで、無料テレビが当たり前の日本で浸透するのか疑問の声もあるようだが、独自製作のコンテンツ提供や自分の好みに合った番組の推奨機能が充実しているらしい。

私は日本テレビの子会社であるhuluに加入しているが、いくら何万のコンテンツがあると喧伝されても、自分が好んで観るのは限られたものだし、むしろ片寄った視聴を助ける推奨機能が望まれるが、ガッカリするほどチープだ。

幅広く加入させるにはコンテンツ数が多い方がいいのだろうが、継続して加入して貰うには、ネットフリックスの無料テレビにない独自製作のコンテンツと推奨機能の充実は、かなり期待できるかもしれない。

子供に聞くと、若者は視聴端末としてスマートフォン やタブレットが多いと言うが、衰えた視力にはウンザリだが、国内テレビメーカーの新製品のリモコンにはネットフリックスボタンが多く付いている。

ボタン一つで、無料コンテンツと有料コンテンツの融合が進み、幅広い選択肢が増え、容易に自分が視聴したいコンテンツに辿り着ければ 、テレビ購入とhuluからの切り替えを考えてみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード