スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい街

昨日は取引先との懇親会があり、会場が上穂北の和食屋さんだったので、下平のアパートから40分ほどかけて歩いて行ったよ。今回はあまり歩いたことのないコースで歩いてみたんだけれど、飯田線を過ぎて北町に入ったところで懐かしい光景に出会ったね。32年前、僕は転勤して来て初めて渉外を経験することになり、この北町が僕の担当することになった街だったんだ。毎日、指導役の先輩から「最低40軒、できれば50軒は回って来い。」と言われてバイクで渉外活動をしたわけだけれど、季節は秋から冬に入り、体が冷えて参ったね。そんな中で初めて親しくして頂いた先が○○○○店さんで、今でも元気で店をかまえていらっしゃる光景を見て嬉しくなったね。あの時、親しく話しをして下さった奥さんはどうしておられるだろうか。ご存命であればもう70歳は超えていらっしゃると思うけれど、店の中を覗いて見たけれど残念ながらどなたもいらっしゃらなかったね。

昨日の懇親会で、「駒ヶ根は昔ながらの一人でぶらっと入るような喫茶店が結構残っているね。」という話が出たのだけれど、当時体が冷えてしょうがない時はたまに喫茶店でさぼった記憶も蘇って来たよ。体がやっと温まってほっとすると同時に背徳感というか罪悪感のようなものが入り混じって複雑な気分だったね。段々と家に上げて頂けるお客様が増えたり、途中から外周地域に担当エリアが変わり、営業車で回るようになったためこうしたことはあまりなくなって行ったんだけどね。まぁ、渉外が増員になったので今まで先輩たちがあまり回っていなかった地域を僕にあてがって新規開拓をやらされたというわけで、寒さはまだしも実績がなかなか上がらなかったのが一番辛かったことかな。

そんな僕もやがて人並みに実績を出せるようになって、四年間の駒ヶ根勤務を終えて東京の政府系調査機関に出向することになり、居住地となった大宮で女房と二人で引越しの挨拶回りをした時に女房がいきなりこんな風に怒り出したんだよね。
「あれは一体何よ! 恥ずかしくてしょうがないわ!」
「あれって何のことだい?」
「挨拶先で玄関が開いた瞬間に片足を入れるのはやめなさいよ! 押し売りみたいじゃないの!」
無意識の行動になっていたけれど、そう言えばドブ板営業での癖がつい出ちゃってたね。
「駒ヶ根のある家の奥さんなんか後ずさりしてたこともあったよ。」なんて自慢げに話すと「何言ってんのよ。もうここから先は一人で行って頂戴!」とまた怒られたよ。この北町という街は、ナイーブだった僕をタフに鍛えてくれた街なんだよね。そんな感慨にふけりながら会場に到着した昨日でした。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。