スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定費をマネジメントする


製造業は「固定費回収モデル」だ、という話。
ちょっと量産向きの話かもしれませんが、その真髄は、私たちのような一品
生産型にも共通して言えることだと思いました。

ものを作るためには、生産量に応じて増える部品費などの変動費が発生し、
それまでには、設計費、設備費などの、生産量と関係なく一定の費用である
固定費が発生します。
製造の前段階では多くの固定費を投資していて、時間をかけて製品によって
この固定費を回収し、利益を生み出しているということです。

ということから、設計者は固定費をマネジメントしなければならないのだと。
固定費マネジメントとは、設備・治具・技術を変えないようにすることで、
固定費の増加を防ぐ取り組みだといいます。

しかし、多くの設計者は実際には変動費ばかりを見ている、という指摘。
製品の価値を高めるには、性能を上げたり新技術を採用したりする必要が
あるので、変動費に意識が向かうこと自体は仕方ないというのですが、
問題は、その過程で固定費にも注意を払っているかどうかだといいます。

確かに、この性能を実現するためには、こういう新しい機器を組み込む
のだ、と言って今まであったフレームをちょっと大きく・・・なんていうことも
ありましたね。
実は、そのために、今まで使っていた大掛かりな治具が使えなくなって
しまい、新しい治具費の負担が増えてしまったり。

どうすれば今の設備だけで、新しい治具を造らずに済むか、あるいは
現場の作業が増えないかといったことを常に意識する必要がある、と。
製品価値向上と固定費抑制の両立こそが設計に求められているのだ
といいます。
とても身近な話でした。


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。