末期医療

将来の治療方法を患者。家族と話し合う
「アドバンス・ケア・プランニング」と呼ばれる取り組みが
医療現場で始まっている。
意思決定が難しくなる場合に備えて
自分の希望を考えてもらう取り組みで
結論だけでなく話し合いの過程を重視するのが特徴になっている。
「APC」が想定するのは高齢者や末期がんの患者ら。
症状が安定している段階で、先々の治療を話し合う。
手術や抗がん剤など考えられる処置や効果
痛みの程度などを解かり易く説明し
受けたい治療や治療の場所
自分の代わりに判断にかかわる人を考えてもらう。
末期がんになった場合、延命治療を行うのか
どこで治療を行いたいのか話し合う。
今までは一日でも長く生きる事ができる道を選んでいたのだが
最近は残りの人生について
その生き方を考え選べるようになってきた。
痛みの軽減や、家族の不安も解消されてくる。
そのような場面に直面しないとわからないが
最後は自分のやりたい事をおこないたいと思う。
できるだけ痛い思いをせず、
家族に心配をかけずに。
そして、いい人生だったと振り返れるように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード