新しい事へのチャレンジ

今週ノーベル賞を日本人二人が受賞した。
ノーベル物理学賞に梶田さんが受賞した。
ニュートリノに質量がある事を見つけた。
ニュートリノとは物質を構成する最も小さな単位で
原子や分子よりずっと小さい「素粒子」だという。
ニュートリノは目には見えなく、膨大な宇宙を飛び回っている。
地球や私たちの体を通り抜けている。
岐阜県の近1000mの所に研究所を作り
そこで実験を繰り返していたようだ。

目に見えない物なのでなんのことやら良く分からい。
しかし、その特性について信念を持って研究し続けてきた。
その結果、新しい発見が出来たのだろう。
大金と時間をたっぷり使い自分のやりたい事を続けてくる事ができた。
それを認めてもらう事ができ大変喜んでいた。
指導者にも恵まれたようだ。
非常に厳しい方で研究については決して妥協しなかったという。
仮説を立てそれを検証し、結果をだした。

我社でも新商品開発を行っている。
まだどこもやっていないだろうという機械に使用するユニットを作ろうと企画し実験に入った。
2ユニット開発する予定で進んでいた。
しかし、現在の仕事に追われあまり順調には進んでいない。
初めの設計ではうまくいかない所があり、設計変更し再度挑戦している。
9月には耐久テスト完了予定だったが、まだユニット完成までいっていない。
最優先でやらなければならない事なのに。
私に、必ず完成させようという熱い意思がなかったのかもしれない。
「できたらいいなー」という気持だったのか。
費用と時間を掛けスタートしたのにこれでは完成できない。
結果をだすにはもっと熱く、失敗を恐れず、どんどん進めなければいけなかった。
しかし、まだあきらめたわけではない。
今年中には完成させ、お客様に喜んでいただける機械を作ろう。
スピードを上げチャレンジしていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード