紅葉

こちらに来て約2週間、日に日に色付いていく景色に感動しています。
元々紅葉が大好きで、毎年この時期になると奥美濃や湖東(琵琶湖の東)までドライブに出かけるのですが、今年は絶好のタイミングで絶好の土地に居を構えることができました。

山はまさに紅葉真っ盛り、妻が愛知県の自宅に帰る前に上りたいと思っていた千畳敷カールへ、17日の土曜日に行ってきました。
あいにく、前日までの予報では曇りでしたし、防寒着も持ってきていなかったので、途中の駒ヶ池周辺を散策するだけにしておこうと思ったのですが、あまりにも天気が良かったので決行することにしました。
ロープウェイ乗場行きのバス停(菅の台バスセンター)の駐車場に車を停め、ダメ元で係りの方に聞いてみて良かったです。
勿論、大丈夫!とは言ってくれませんでしたが、強く勧めてくれました。
あそこに見えるのが千畳敷カールで、これだけはっきり見えるということは上の天候も問題ないこと、気温も今は2~3℃だがこれから上がるであろうこと、どうしても寒い場合はロープウェイを降りたところで貸出用の防寒着を用意してあること、千畳敷カール周辺を歩くだけなら靴も問題ないことなど、丁寧に説明してくださいました。
早速バスに乗り、まずはロープウェイ乗場(しらび平駅)まで。
ロープウェイの高低差が900数十メートルで到達点が2,612メートルということは、この地点で1,600メートル超、駒ヶ根市の標高が600数十メートル、菅の台バスセンターまで少し上っているとしても、バスでの上昇高度は1,000メートル近くあるということでしょうか?
バスから見える景色が、最高に素晴らしかったです。
途中、サルの一群にも遭遇し妻も大興奮でした。

駒ヶ池だけでも早朝の方が良いという周囲のアドバイスに従い、7:00に家を出たのも良かったのでしょう。
バスもロープウェイもすぐに乗れて、しかもそれほど混雑していませんでした。
千畳敷カールも閑散としており、のんびりと散策することができました。
もっとも、千畳敷カール自体はシーズンをとっくに過ぎており荒涼たる景色でしたので、専ら眼下に広がる色付いた山並みを見下ろしていました。
この日は本当に暖かく、到着したところにある温度計は11℃、帰る頃は12℃でした。
ちなみに、降りたところの温度計も12℃でした。

今週末あたりは、菅の台周辺が最盛期を迎えるのではないでしょうか?
帰りに光前寺にも立ち寄ったのですが、こちらは全く紅葉していなかったので、もう一度訪れたいと思っています。
まだまだ楽しみは尽きません。

地元の方はあまり行かないのではないですか?
たまには良いと思いますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード