TPPで思うこと

TPPの大筋合意を受けて最近の新聞記事やTVニュースにTPPの文字や言葉が踊らない日はないところだけれど、内容はというと「やっぱりなぁ。」という感がぬぐえないね。TPPが実際に動き出せば、域内ではヒト・モノ・カネの国境を越えた動きが現在とは比較にならないほど活発化することが確実なのだけれど、どうしてもニュースや記事の中心はネガティブな側面に視点が行きがちだね。「やっぱりなぁ。」という感想は、ニュースや記事には国内農業に対するネガティブな影響に対する話題が多いことに感じたものなんだよね。

 日本がTPP交渉に参加することになって、大手電機メーカーに勤める弟とTPP参加の是非について話したことがある。弟は「我々とすれば輸出先での関税が無くなるTPPは大賛成なんだけれど、国内農業のことを考えると複雑な気持ちなんだよね。」と言うので、「目先は確かにつらいけれど、国内農業にとっては絶対飛躍のチャンスになると思うよ。」と応えたものだ。

 後継者不在や耕作放棄地の拡大等、日本の農業を巡る問題は多いのだけれど、政府も既存農家の保護を図りつつ段階的に企業の農業分野への参入を進めさせており、農業生産法人を活用した農地の大規模化・集約化などの競争力強化策を打って来ているね。まだまだ、農業生産法人の雇用創出効果は限定的なもののようだけれど、地方経済の再生は農業の六次産業化(勉強してね)無しには出来ないし、間違いなく今後大きな成果が出てくれるものと僕も期待しているんだよね。

 農家の後継者不在の一因ともなっている嫁さんの問題にしても農業生産法人が大規模化して社員が正に会社員となり、一般企業と同様に週休や有休をとれるようになれば容易に解決すると思うけどね。今の若い人にとっても自然と向き合う仕事を提供してくれ、田舎でゆったりと生活できる農業生産法人での勤務は人気職種となるんじゃないだろうか。問題はそれを可能にできるだけの経営を回すことのできる農業経営のプロの育成ということになるのかな。今まで農協の独壇場だったこうした農業分野は金融機関も今後の成長分野として関わりを強化して来ており、TPPの妥結でこうした動きが一気に加速して行くと思うね。

 今までのやり方や仕組みを変えるための痛みがこれから大きな障害となるわけだけれど、その先にある明るい未来を信じて行動する勇気が農業に関わる人、これから関わる可能性のある我々には必要だよね。でもそうした明るい未来を信じる勇気は、今の日本にとって何も農業に限った話ではないんじゃないかな。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード