自動運転

先週中頃から東京モーターショーが開催された。
今までの目玉は電気自動車、エコカーだったが
今年は自動運転ができる車が目玉になっていた。
以前から自動運転の話しはあったのだが
どこまで出来るかはよく解からなかった。
できるとしたら、道の中心にセンサーを埋め込んで
それに沿って動くのだろうと思っていた。
しかし、そんな単純な物ではなさそうだ。
画像センサーを使用し、周りの状況を判断し
信号が赤なのか、青なのか、
前方の車の距離はどのくらいか、
これから通る道の幅はどのくらいなのか。
普通に運転している状況をそのまま判断し
人間が状況を判断して運転している時と同じ状況、判断で運転してくれるようだ。
日産で展示してあった車は自動とマニュアルを切り替える事ができ
自動にすると、ハンドルやブレーキ、アクセルペダルが引っ込み
ほぼフラットになるようだ。
そうすると運転は出来ないので乗っているだけという事になる。
ほかの車は、運転席が後ろを向き後ろに乗っている人と話しができる。
後ろ向きになり自動車が進んで行くという物だ。
目的地を入力するだけでタクシーのように目的地につく。
まるで夢のような話しだ。
これで出張も楽になる。
今後は法の整備が必要になるだろうが
人間が判断するより早く正確に判断ができるようになり
安全という面でも事故がすくなくなりそうだ。
年をとり、体が不自由になっても目的に移動できる。
2020年の完成を目指し進めているようだ。
時代の進歩はすごい物だと感じる。
今後センサーの発達も進んでくると思うので
我社でも出来る事を考え最先端の一部にでも
貢献できるようになっていきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード