シナノゴールド

りんごの品種の名前です。
ご存じの方は「何を今更」とお思いでしょうが、私は1ケ月前までその存在を知りませんでした。
先月天竜峡に行った時、お土産物屋のおばさんに勧められて試食させてもらったのが、運命の出会いでした。
シャキシャキとした食感と酸味の強さに、イチコロでした。
大きなのが3個で350円、安いのか高いのかピンときませんでしたが、これは買うしかないと思いました。
その後、行きつけのAコープで見付けたのですが、なんのことはない、毎日あるではありませんか!
しかも、大量に!!
多分、りんごは赤いものという偏見から、目に入っていなかったのでしょう。
今思うと、名前もちゃんと見ずに梨だと勘違いしていたのかもしれません。
ともかく、それ以来頻繁に買って食べています。
改めて数えてみたら、1ケ月で11個食べています。
11個目は、昨晩食べました。

先日、名古屋に帰省の際には、4個入りのものを4袋持って帰り、実家などへ届けたのですが(非常に重くて後悔しました)、やはり誰も知りませんでした。
そして、皆一様に大喜びしてくれました。
自分が美味しいと勧めたものを美味しいと言ってもらえると、嬉しいですよね。
ということで更に大ファンになり、色々と調べてみました。
JA全農の『りんご情報局』によると、

長野生まれの黄金色のりんご。
果汁たっぷりの注目株。
注目度ナンバーワン。
長野県産りんごの中でもピカイチ!

との絶賛ぶりです。
現在は、岩手県でも栽培されているようです。
ちなみに、おすすめの食べ方は、そのままもしくは焼き菓子だそうです。
出回り時期は10月下旬~となっていますが、実際には中旬にはありました。
そして、11月上旬で終わってしまうそうです。
現在の我が家の在庫は2つ。
食べ納めも近いようですから、Aコープで見かけたらもう少し買い足しておくことにします。

これからは「ふじ」ですね。
りんごのイメージそのものですが、今まではそれほど頻繁には食べていませんでした。
今年はいっぱい食べることでしょう。

この土地で暮らす楽しみが、また増えました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード