スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『統計学が最強の学問である』を読んで

著者は、東大医学部出身の統計学者という、一見脈絡のない経歴の方です。
もともと統計という分野に興味があり、どこでなら最先端の統計の勉強ができるか調べた結果、東大の医学部を「選んだ」のだとのこと、非常に優秀な方なんですね。

さて、本書はタイトルのインパクトが強く、興味を惹かれて読んでみました。
仕事柄、数字を扱うことが多いのですが、鋭い直感(直観)をお持ちで十分に成果を上げている方、つまり高性能のカンピューターをお持ちの方から、「数字をこねくり回しているだけ」と批判されたこともあります。
現に、そういう方の直観というのは本当に当たるものです。
そんなこともあり、数字で説明することの有効性について、心の支えになる材料を求めていました。

結論から申し上げると、本の選択を誤ったようです。
私が日頃接しているデータが比較的限られたものなのに対して、本書で取り上げられているデータはいわゆるビッグデータでした。
データを収集することでどのような情報が得られるのか、どの程度のデータが集まれば有効な情報となるのかが、まずは説明されています。
過去に、コレラ対策にデータが活用された例を取り上げ、私たちの生活に効果があることが示されていました。

興味深かったのは、本書ではある一定量を超えるとデータの信ぴょう性には変化はないと書かれています。
ムキになって大量のデータを集めても、時間とお金のムダというのではなく、むしろ時間とお金の節約のために必要最低限のデータ量というものがあるということのようです。
私個人は、データはより沢山、時系列で積み重ねられたものほど意味を持つと考えていましたので、目から鱗でした。

また、統計学がビジネスに活かされるようにするにはどうしいいかが書かれているのですが、「物は言いよう」「解釈次第」という感じを受け、以前聞いた「統計のウソ」という言葉を思い出しました。
その時に例として挙げられていたのは、テレビなどの世論調査の話でした。
集計された結果に対して、肯定的な表現をするか否定的な表現をするか、「50%に上りました」なのか「50%にとどまりました」なのか、もっとひねくれた見方をすれば本当にそういう数値になったのか、更に疑ってかかると本当に調査が行われたのか・・・、誰も分からないわけです。
統計に対する注意事項がまとめられていて、おもしろかったです。

ほかにも、統計の基礎知識が具体的に例示されていて、専門的な勉強をしたことのない私にとっては興味深い内容でした。
そもそもの目的は達成できませんでしたが、収穫がありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。