スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QC工程表

sonnyです。

当社ではあまりなじみの無いものですが・・・
現在QC工程表の作成で悪戦苦闘中です。

そもそもQC工程表とは?
少し解説します。

QCとはQCサークル活動でもおなじみのQuality Control
ビジネスで、一番重要なのは、
「品質(Quality)」、「価格(Cost)」、「納期(Delivery)」
ですが特に品質(Quality)は重要です。

品質とは性能がいいと言うか・・・
用途に合わせてちゃんと機能する・・・
簡単に言うとそういうことなのですが

私たち製造業にとってここは要の部分なのですが
その品質をどうやって作りこんでいくか?
というと・・・

このねじの締め付けトルクは幾つとか
この部品はどういう位置につけないといけないか?とか
品質に影響を与える作業の状態を
どのタイミングで・・・
どんな方法で・・・
検査測定するか
1つの製品の原材料・部品の購入から完成品
として出荷されるまでの工程の各段階での、
管理特性や管理方法を工程の流れに沿って記載した表のようだ。


マニュアル(手順書)は
作業の手順やポイント、使う工具などをまとめたものであるか
QC工程表は品質に関する項目と特性のみを
まとめた表になります。

1つの製品の出来上がるまでの過程で
さまざまな検査や測定が実はされているのですが
1品1様ということがあって
個人に任されていることろが多く
それらを紐解いていかないといけない。

かといってあまりガチガチでは
作業の効率にも関わる・・・
品質を保証できる最低限のチェック
にしておきたい訳ですが
どこに基準を設けるのからいいのか?
書式はどうすればいいのか?
悩ましい日々が続いている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。