スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めた後、決める前

  来週の来期部門計画の発表会を控えて各部門とも来期のスローガンであるとか、具体的施策をどうするか、社内のあちこちで話し合いが行われている姿を見かけるね。「来年はこれをやろう!」と皆で盛り上がるのは大いに結構だし、大事なことだよね。幹部が一方的に方針や施策を決めて「さぁ、これをやりなさい。」ではやらされ感だけで、前向きな取組は望めなくなってしまうからね。当社ではそんなことから、社員ひとりひとりが各部門の取組方針決定の過程に参加して、意見を言い合った中で決めるというプロセスを大事にしてきたわけだ。

 ただし、計画や方針を立てる際の問題は「その後」であり、「その前」なんだね。よく「PDCAを回す」というけれど、どこの職場もPは皆好きなんだよね。気分が高揚して来て何でも出来そうな気分になって来るんだけど、一旦計画がスタートした後は誰もその計画を意識しなくなってしまうことが多いんじゃないかな。当社もご他聞に漏れず、そこにはまりはしないかな。まぁ、人間というものはそもそもそういうものなので、自分たちが決めた方針や施策を思い出して「あぁやらなきゃ。」と意識を高めるための仕掛けが必要になってくるわけだ。毎月、機会を得て実施している部署説明がそれであり、説明担当者だけでなく練習の相手になる部長・支援職もそうした計画の進捗状況を振り返る良い機会になっているはずなんだよね。普通の会社では統括部門や各部門長などが計画進捗状況を管理するわけで、当社の担当部長・支援職にも尻をたたいて進捗管理をやってもらったけど、皆、こうしたマネジメント業務は嫌いだね。

 さてPの後はそうやってCを行って問題のある場合は対応策のAを打っていくわけだけれど、Pの前に行わなくてはいけないこともあるね。そう、今年の総括だね。特に目標未達成の項目は原因をしっかり特定して、それに対する対応策を入れた計画を立案しないと去年の二の舞を踏むだけだよね。僕も担当者時代に幾度となく来期計画を立てたものの、計画に沿ってちゃんちゃんとやっていくのは好きじゃなかったなぁ。今期が半分過ぎたあたりから「やばい!」と慌てて取り組んだことも幾度かあったりして、そうしたことも思い出しながら、かわいい後輩たちに今日も「こんな計画の立て方じゃ曖昧で、やるわけないだろ!」と突っ込みを入れさせてもらったけど、愛ある指摘と捉えて欲しいなぁ。

 来週末は社員皆で愛ある指摘をし合って、夜は宴会で新たなスタートに向けた気勢を上げたいね。以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。