スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20周年記念


長野県知的産業技術研究会の『20周年記念講演会』が
開催されました。

この研究会は、「長野県知的制御技術研究会」として、
平成7年12月に設立されましたが、発起人の中心は、
当時、天竜精機社長であった 故芦部次郎さんでした。
県へ精力的に働き掛け、長野県情報技術試験場
(現:長野県工業技術総合センター情報技術部門)を拠点
とした研究会の設立にこぎつけたのだと聞きました。

     研究会設立総会

設立当初は、「知的制御技術」でしたが、平成14年に、
「知的産業技術」と研究会の名称を変更しました。

  「産業技術に関する知識と技術の普及、向上をはかり、
   産業の発展に寄与することを目的とする。」

と、会則に謳われているとおり、産業技術およびその周辺
技術の啓蒙・普及活動や、講演会、講習会の開催、そして、
会員相互の技術交流といくつかの分科会での個別テーマ
研究などを行っています。

毎年の定期総会で、記念講演会が行われますが、第1回の
設立記念講演では、上の写真にもあるように、山梨大学教授、
牧野洋さんでした。
そして、20周年を迎えた今回の記念講演も、牧野先生という
ことになりました。
牧野先生は、SCARAロボットの生みの親であり、
現在、日本ロボット学会の名誉顧問です。

     研究会20周年記念講演会

実は、今年5月に開かれた役員・世話人会で、20周年記念
講演会の開催が決定され、その講演者をどうしようかという
ことになりましたが、その場では、いくつか当たってみようと
だけの話で終わりました。

7月頃、工業技術総合センターの研究会事務局の方との話
の中で、
 “20周年ということですから、研究会の発起人でもある、
  芦部次郎さんと懇意にされていた牧野先生はどう
  でしょうか・・・。”
と提案し、
私の恩師でもあり、連絡してみることになりました。

結果は、快く引き受けて頂きました。

私が研究会に参加したのは、設立から4年ほど経った頃です。
設立記念講演会のことは知りませんでした。
奇しくも、研究会第1回目の講演者と20周年記念の講演者が
同じ牧野先生ということになったわけです。
なにか、故芦部次郎さんの念いに強く押された気がします。

牧野先生は、講演会の翌日、12月10日が満82歳の誕生日
でした。
 “そろそろ・・・と思うんだけどねぇ、なかなかやめさせて
  もらえないよ。”
笑顔で話す先生の顔は、まだまだお元気そうでした。
益々のご活躍を願うと同時に、教え子として頑張らなきゃ!
・・・元気をもらいました。


..........................by 隣の住人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。