スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ年末

年末が近づいてきました。
年末を感じるものの一つとして、喪中ハガキがあります。
もちろん、いただかない方が良いものですが、残念ながら毎年いただきます。
今年は、我が家も出す側でした。

先日、学生時代の友人から届きました。
お父様が亡くなったとのことで、驚きました。
お互いの家を行き来したこともあり、またお互いに結婚式にも出ていたので、お父様とも面識がありました。
会社勤めをされていましたが、剣道の達人(正確な段位は忘れましたが確か7段)にして自称画家という、ユニークな方でした。
ご自身が描かれた風景画の油絵を1枚いただき、我が家に飾ってあります。
非常に穏やかで言葉数が少なく、特に会話らしい会話を交わした記憶はありませんが、安心感を与えてくれる方でした。

その友人とは、彼の海外赴任や私の転職などでしだいに疎遠になってしまい、年賀状のやり取り程度になっていました。
3年前に共通の友人が名古屋に転勤してきたのをきっかけに再会したのですが、その後もやはり年賀状程度になってしまいました。
もう少し頻繁に、せめてメールのやり取りでもマメにしていれば、今回の訃報もタイムリーに知ることができ、お送りする場に立ち会えたかもしれません。
仕事などを理由に、不義理をしていることが多いなぁ・・・と反省しました。
これも、年末恒例(?)のことですが。
お互いに喪中ですが、年末年始に一度会って近況を報告しあおうかと思っています。

余談ですが、CMってバカにしたものじゃないなぁと思いました。
彼からの喪中ハガキでお線香のメーカーのCMがすぐに思い浮かび、遅ればせながら『喪中見舞い』を送りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。