スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新商品

シャープが胸ポケットに入る小型のプロジェクターを開発したという記事があった。
照準を自動調整する機能を備えており、
作業中に両手がふさがっていても映像を確認できる。
円柱などの曲面にも映像を表示できるため、
店頭の電子看板としての利用もできる。
大きさは縦が23mm、横が40mm、高さが8mmで
独自の制御システムによって多彩な色を表現できるという。
胸ポケットにプロジェクターを組み込んだ服を着た人が
現場で映像を確認しながら作業するなど、
ウエアラブル端末として利用できるようだ。


組立現場で機械の図面を映し出しながら組み立てることもできる。
図面を広げるスペースを削減できる。
お客様との打ち合わせも必要な資料を保存しておけば
すぐに映し出し説明することができる。
今後いろいろな場面で使うことができそうです。
最近は機器の小型化が進んできている。
当然その機器に使われる部品の小さくなってくる。
細かい部品の組み立ても増えてきそうだ。
小物部品のハンドリングや組み立て技術を開発し
今後の自動化に対応していかないといけないと感じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。