学力向上

私の住むI市では、
来年度より、すべての小学校において
「放課後学習」を実施するようです。

家庭環境により
学習塾に通えない児童にも
学習機会を提供し、学力向上を支援することで
学力格差をなくすことが目的のようです。

講師は、教員OBや地域住民が努め
無償だった講師の報酬を、これを機に
市が予算を計上し、有償化されます。

中学では、全校で実施されていて
約2割の生徒が登録しているんだそうです。

勉強するための、環境が整備されることは大歓迎です。
講師報酬の有償化も、非常によい税金の使い道だと思います。

ただ私は、ちょっと疑問を持ちました。

「小学生は心と体を成長させる時期」
「中学生は心と体を鍛え、学ぶことの大切さを理解する時期」
などと考えている自分は、世間とズレてしまってるのでしょうか。

記事だけ読むと、
「塾に行かないと、十分な教育が受けられないのかな?」
「塾通いしていない、小学校に通うわが息子は大丈夫なのかな?」
と非常に不安になってきました。

塾に行ったからといって、必ずしも成績が上がるわけではなく
要は、本人のヤル気次第と思うんですが・・・

早速、今晩妻に相談しようと思っています。
でも、いまがんばっている少年野球とスイミングは続けてほしいな。
と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード