スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構想設計2

昨日のはっちゃくさんに続きこのフレーズ:【構想設計】
メカ屋さんだけでなく電気屋でも今年の大きなテーマとなっています。

昨年の大きな反省の中に現場調整が思うように進まず、
メカ調整者、お客様に迷惑をかけ納期遅延の原因の1つとなった。
また完成度の低い機械となったことで納入後のクレームになったケースも。
なぜか?

ここで行き着いたのが設計そのもの。
どういう構想をもってこの機械を制御するのか。
そもそもこの【構想】があるのか。
もっと良い方法、制御方法があるのでは・・・

構想設計自体の重要性を感じ、今年のテーマの1つにしました。

実際数台の機械で構想設計を複数人でやってみたら・・・
タクトの問題や動きも問題があったりしてメカ屋さんに相談したり・・・
そんな時メカ設計完了後ではあったが、センサーを追加してもらったり、
動きを変えてもらったり、積極的に修正してもらえたことに感謝している。

やっぱり最終工程の組立現場でのトラブル、後戻りを少なくするために
上流工程でどれだけ検証出来るかにかかっていると思います。

これからの新規のマシンではこの【構想設計】をルール化してやって行きます。

あとはその構想通りに設計できるかが問題となってくるわけです。
若手や経験の浅いメンバーだった場合は、さらに入り込んでいくことになると思います。

こういうサイクルを回してグループ全体のスキルを上げていきたい。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。