スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ購入

私の娘も今年は高校生になる。
そこでスマホを購入する事にした。
それならと妻も同じ機種を購入すると言い出した。
同じ機種なら使い方を娘に教えてもらえるからだ。
現在は私と妻では電話会社が違っている。
この際一緒にして家族割引を利用する事にした。
そこで私に合わせる事にした。
朝11時に店に行くと、すでにお客様でにぎわっていた。
来店の目的を伝えると、対応できるまでに40分ぐらいかかってしまうという事だった。
駐車場に車を止め、車内で待つことにした。
40分過ぎに店員さんが車まで来た。
前のお客様が延びてしまい、2時頃になってしまうという事だった。
しょうがなく家に帰り2時に再度来店した。
なかなか呼ばれず店内をぶらぶらしていた。
20分ほどするとバインダーを持った店員がきて
機種、プランは何にするかという話になった。
そして「今なら家の電話も一緒にすると更にお得だ」と営業を始めた。
どうでもいいから早く手続きをしてほしかった。
一通り話が終わると、手続きのカウンターが一杯なので
手続きできるのが3時45分という事だった。
もういい加減にしてほしかったので
次の来店時には妻と子供だけでいいか確認したところ
カードの手続きが必要なので私も来なくていけないという事だった。
妻からは「たまには一日付き合ってもいいんじゃないの」と言われ渋々了解した。
一度家に戻り3時45分に店に行った。
待合室の椅子が一杯だったので店をぶらぶらしていた。
なかなか呼ばれず呼ばれた時は4時45分だった。
手続きが終わったのが6時を過ぎていた。

お客様が多く順番に呼ばれるのはしょうがない。
しかし、2時に予約してきたのだ。
普通なら2時にきて、そこで手続きが完了するだろう。
最初の来店で目的を伝えた時に
「家族で一緒にこの会社を使いたい」と伝えた。
この客は既に決めているので後回しでいいという判断になってしまったのではないか?
2時に来たときにすぐ手続きできなければ別の店に行ってしまえばよかったと今になって思う。
最低な店だ。
弱みをみせると相手はつけあがると実感した。
常に「相手の出方次第でこちらは考えを変える」という意思を見せないといけないと感じた。
あまり怒らない私だが今日の出来事には頭にきた。
一日かかったが、家に帰ったら妻も娘も喜んでスマホの設定をしていた。
私が我慢すれば家族は幸せなんだと思い、にこにこしながら「スマホが手に入ってよかったね」と伝え晩酌をした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。