また会う日まで !

今日でブログも最後です。皆さん、4年と4カ月、本当にお世話になりました。32年近く同じ職場に勤めた後の初めての転職だったので、随分とカルチャーショックを受けたのを昨日のことのように覚えています。当社の場合は、acbさんが当時特色のある経営を実践されていたので、ごく世間一般的な数字の世界から来た自分にとっては余計にそのギャップは大きかったですね。育ったキャリアが違うので当然なのだけれど、自分が本当に当社の役に立つのか、モヤモヤを抱えつつの毎日でした。以前の職場とはっきり異なると感じられたのは、皆の明るさでしたね。人により性格的な差は当然あるのだけれど、職場全体とすれば健全な明るさが満ちていて、飲酒運転などの不祥事なんか起こりようがないという安心感がありましたね。現在もそれは続いているんだけれど、是非今後も意識して維持して行って欲しいですね。職場風土というものは知らず知らずのうちに変わって行ってしまうものなので、具体的な施策をバランス良く打ちながら維持発展させて行って欲しいと思います。

当社に入社するに当っては「支援職って一体何なの?」って前の職場の同僚には随分聞かれたけれど、現在の部課長・支援職の皆さんはどう感じているのかな。目先の工事だけに追われず、部課長・支援職としての役割を日々振り返りつつ、前に進んでいって欲しいね。マネジメント職としての役割をそのまま役職名にしたわけだけれど、自分の大好きな実務の方に入り浸りになってないかな。実務に絡む業務でもこれが経営レベルのものであれば正に部課長の取り組むべき課題であるし、そこに部下を絡ませて成長の機会を与えることができれば最高だね。そういうことが意識してできるようになっていって欲しいというのが、幹部に対する最後の私の願いです。

社員の皆さんとはいろいろ話しをする場面も多く、個人的にも様々な相談を受けたけれど、僕がどれだけのアドバイスをしてあげられたか。それぞれの人生に幸多かれと願わずにはいられません。僕が当社に入社して以降に辞めていった皆も同様で、もしこの記事を読んでいる君がいるとすれば「しっかり前に進めよ!」と伝えたいね。そしてその言葉は僕自身にも跳ね返る言葉であり、これからの人生が更に充実したものになるよう、新たな職場で新たな挑戦を続けて行きたいと思います。また、その内、皆にも報告することがあろうかと思います。皆、元気で ! いつかまた会いましょう ! 以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご苦労様でした。
数値は結果であり組織能力を高めれば必ずついてくる・・・というのも 当社が投資では生産性が上がらない 人の協力性とかやる気といったものが生産性を左右するから
支援職の人は それを腹に落として 生産性を高める活動=支援に本気で取り組んで欲しいですね。
明日からはっぱをかける人がいなくなっちゃうのが心配ですが・・・その分 またどこかの会社で生かしてくだされば幸いです。
プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード