地元の神社も御柱祭

諏訪の御柱祭りは有名ですが、各地の諏訪社でも御柱祭は執り行われています。
天竜精機の近所にも神社があります。
「栗林神社」と称し、明治42年に諏訪神社、山神神社など十社を合祀した神社です。
今年は「栗林神社」も御柱祭となり、今までは御柱を立て祭りでしたが、初めて里挽きを執り行うことになりました。
4本の御柱を子供たちが神社まで引くということで、中間地点の天竜精機が休憩所として使われました。
当日は天気も良く、子供たちが元気いっぱいに引いて行ったので出発してから1時間足らずで終了しましたが、みんな笑顔で楽しそうでした。

御柱

「祭りが廃れると地域も廃れる」と言われますが、東伊那の子供たちは地域行事にも積極的に参加していますし、笑顔で元気にあいさつをしてくださいます。
御柱を仲間で引いた思い出は大人になっても忘れないでしょう。
天竜精機も休憩所に使っていただき光栄でした。
地元役員の方々、お疲れさまでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード