スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDM

sonnyです。

社内の生産システムの議論が始まった。
当社にも既存の生産システムはあるが
27年も前に構築したもので
かなり古いといわざるを得ない

さてシステム構築に当たっては
より効率よく生産が出来る仕事が出来る
システムが必要となる

皆さんはPDMという言葉をご存知ですか?
PDM(Product Data Management)とは、
「製品データ管理」、「設計技術情報管理」
と訳される。

簡単に言うといかに過去の設計資産を
有効活用し効率的な生産をするか!
ということだろうか

システムメーカーとも話をしている中で
どうやら当社の仕組みは見直しが必要なの
だろうと感じている。

例えば図番体系だ
当社の図番は一つの図番が複数の
部品に与えられている。

図番を検索すると複数の・・・
大量の部品がヒットする
そこからお目当ての部品を探すわけだが
手間がかかるから図面を書き直す
なんてことはかなりあるだろう

そうするとますます部品は増えていく
また探すのが大変になる

新たに図面を書くわけだから
時間もかかる期間もかかる

以前見学した一部上場の装置メーカーさん
では図番は1品に1つ振られているとのことだった

どうやらこちらが世の中の一般のようだ

こうして図番を中心にさまざまな
情報が集められ管理されることで
次に使う時に図面を使いまわすことが出来る

製作に必要な費用や手配先などの
さまざまな情報も使えるようになる

いままではいい機械を作れば仕事になる・・・
という考えがあったかもしれないが
必要な時に提供するということにも
大きな価値があることを考えると
仕組みの見直しが緊急の課題に
なるのではないだろうか!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。