スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受注活動

経営者が変わり新しい天竜精機がスタートしています。
売上目標を決め3年で1.5倍の売り上げまで持っていく計画で進んでいます。
今年が準備元年で3年後の目標達成に向けた準備をする年です。
今まで専用機といえば、お客様から要求があったときにその納期に答え作っていたのです。
そのため計画的に受注するということはありませんでした。
3か月後に機械がほしいという案件がほとんどで
6か月の納期の案件などなくその場しのぎの経営が続いていました。
そういう仕事のやり方が普通と思っていました。
新しい社長から「年間の計画を決めその予定通りに受注活動をしろ」ということがよくわからなかった。
しかし各企業共、年度の計画がありその年の設備投資が最初に決まり、
その計画に基づいて設備投資をしている。
実際に昨年一年間、よく解らずに進めていたがこの時期に仕事がほしいという話をするともらえることがあった。
お客様毎に設備投資の時期が違っているのだが計画的に進めていることが分かった。
そのため昨年は来た仕事を優先してしまったので
今までのお得意様の仕事を断らなくてはならない状況になってしまった。
行き当たりばったりの仕事のやり方がこういう結果を招いてしまった。
どの企業も計画があるはずなので、計画的に情報をもらい
その枠取りを行い依頼されても断らない状況を作らないといけないと感じている。
社内のキャパを増やし、計画的に受注できる環境を作っていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。