スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手順書

sonnyです

今週中に1つマニュアルを作らなくては
いけなくて苦労している

何が苦労か・・・
素人でも解るように書いてほしい
との依頼があったからだ

どこまで細かくするのか
でまず迷う???

かといってページ数が膨大にならば
ミスのものだ!!!

簡潔にかつ明確な指示を記述や
写真で伝えるのは以外にも難しい

また用語にも注意が必要だ
私たちが普段使っている用語が
世間で通用する言葉なのか???
ここも迷うところだ

社内でしか通用しない言葉も
以外に多いものだ

世間を知らないとこういうことでも
つまずいてしまう

手順と共に注意点の記述も必要になる
なぜこうしないといけないのか・・・
ここがはっきりしないと
読み手の理解に繋がらない

社内にいくつもある手順書だが
以外に読んでも解らないものが
沢山だ

こういった文書が使われ続けると・・・
知らないうちに意図と違った
解釈で読まれミスになる

作れば終わりではない
時々手直しを加え続けて
いかないといけないのだ

たかが手順書・・・
されど手順書・・・

こういった文書が常に整理され
修正される組織であれば・・・
おのずとミスも減っていくはずだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。